VWゴルフGTI 8世代目にも追加 日本発売 先代パフォーマンスと同馬力

公開 : 2021.12.22 11:36

フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(8世代目)の日本発売が決まりました。価格は466万円〜です。

ゴルフGTI 8世代目に

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは。、「ゴルフGTI」を本日発表。2022年1月7日(金)より全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで発売する。

全国希望小売価格(税込)は、466万円。

フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(8世代目)
フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(8世代目)    フォルクスワーゲン

初代GTIのワールドプレミアから45年が経過している。8世代目として大幅に商品力が強化されたという。

エンジンは、第4世代2.0 TSIエンジンを採用し、先代のゴルフGTIをベースとしたハイパフォーマンスモデル「ゴルフGTIパフォーマンス」と同等の最高出力245ps/最大トルク37.7kg-mを発生するエンジンに7速DSGを組み合わせる。

また、電子制御油圧式フロントディファレンシャルロックは標準装備。電子制御式ディファレンシャルロック「XDS」と電子制御油圧式フロントディファレンシャルロックを統合制御することが可能な「ビークルダイナミクスマネージャー」が採用される。

さらにオプション設定のアダプティブシャシーコントロール「DCC」が用意される。

新型GTI 外観の特徴

エクステリアでは、フロントグリルからヘッドライトへとつながる赤いストライプが施され、X字型に配置されたフォグランプも備わる。

エアインテークやボディ全周を取り囲むように設置されたフロントスポイラーやサイドシル、そして標準装備の18インチアルミホイールなど数多くのGTI専用アイテムが組み合わされる。

フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(8世代目)の外装。
フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(8世代目)の外装。    フォルクスワーゲン

ボディカラーは、全7色展開となる。

伝統のタータンチェックも

インテリアには、ヘッドレスト一体型のスポーツシートを採用。GTI伝統のタータンチェック柄を採用したファブリックシートは、サポート性に優れ、スポーツ走行時にもしっかりと体をホールドするという。

専用のステアリングホイールには、赤いアクセントとGTIエンブレムが装着されている。

フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(8世代目)の内装。
フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(8世代目)の内装。    フォルクスワーゲン

標準装備のデジタルメータークラスター「デジタル・コックピット・プロ」にもタコメーターを中央に配置したGTI専用のグラフィックが施される。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

フォルクスワーゲン ゴルフの人気画像