携帯電話見本市で新型EVを披露 フィスカー・オーシャン、欧州正式デビュー

公開 : 2022.03.01 18:05

米国のEVメーカーであるフィスカーは、世界最大級のICT関連見本市で新型EVオーシャンを披露しました。

世界最大級のICT見本市で堂々の欧州デビュー

スペイン・バルセロナで開催された携帯電話関連見本市モバイル・ワールド・コングレス(Mobile World Congress)で、新型EVのフィスカー・オーシャンが大勢の観衆を前に欧州での正式デビューを果たした。

フィスカーのCEOであるヘンリック・フィスカーは、この見本市が新型フィスカーを公に発表するための「理想的な場所」であると述べている。オーシャンは、昨年のロサンゼルス・モーターショーですでに一般公開されている。オーストリア・グラーツのマグナ・シュタイヤー社で生産され、2023年の第2四半期に納車を開始する予定だ。

フィスカー・オーシャン
フィスカー・オーシャン

フィスカーは最近、ドイツ・ミュンヘンに欧州部門オフィスを開設し、欧州市場での年間販売台数を約6万台と見込んでいる。

オーシャンは、競争力のある性能、多くの先進技術、最大560kmの航続距離を備え、アウディQ4 eトロンBMW iX3に対抗すると期待されている。また、衝突試験とホモロゲーションのため、パイロット生産も実施される。

デザイン面では、2019年に初めて公開されたコンセプトとほぼ変わらず、「空力的な電動ハッチバック」ではなく「真のSUV」と表現されている。路上での存在感を強調するスリムなライト、ショートオーバーハング、ワイドスタンスが特徴で、今後登場するであろう新モデルのデザインの方向性も見えてくる。

5人乗りで、インテリアには再生漁網、古着、古ゴムからなる「完全ヴィーガン」な素材を使用し、サステナビリティに取り組む姿勢を見せている。フィスカーは、「世界で最もサステナブルなEV」と主張する。

また、すべての窓を下げ、ルーフを格納することでオープンカー風の走りを実現する「カリフォルニア」モード、後席乗員が車内の各種機能を操作できる「リモ」モード、停車中に縦向きから横向きに切り替え可能な17.1インチの回転式インフォテインメント・タッチスクリーンなどを搭載する。

航続距離600km以上 ソーラールーフも

欧州仕様のグレードは3種類。エントリーグレードの「スポーツ」はフロントアクスルに最高出力279psのモーターを搭載し、0-97km/h加速6.6秒を実現。続く「ウルトラ」は前後アクスルにモーターを搭載して出力を547psに高め、0-97km/h加速3.9秒を達成する。

さらに、最上級の「エクストリーム」では558psに強化され、0-97km/h加速も3.6秒に短縮される。フィスカーはバッテリー容量をまだ公表しておらず、充電速度はまだテスト中であるとしている。

フィスカー・オーシャン
フィスカー・オーシャン

エントリーモデルのスポーツには、443kmの走行が可能な「ツーリング」バッテリーが搭載される。主な装備は、17.1インチのタッチスクリーン、「ビッグスカイ」ルーフ、電動テールゲート、クルーズコントロール、自動ヘッドライトなど。

中間グレードのウルトラには「ハイパーレンジ」バッテリーが搭載され、航続距離は628kmに延長される。オープンスカイルーフ、自動緊急ブレーキ、遠隔車両探知機、「ドギーウィンドウ」、カリフォルニア・モードが標準装備となる。価格は4万8900ポンド(約753万円)から。

最上級グレードのエクストリームは5万9900ポンド(約923万円)からで、荒天時の安定性を高めるスマート・トラクション、360度カメラ、ワイヤレスの携帯電話充電器、レーンチェンジアシスト、回転式インフォテインメント・システムが装備されている。

また、エクストリームのルーフにはソーラーパネルが搭載され、晴れた日には電力を補充できるようになっている。フィスカーによると、このルーフは年間最大2400kmの航続距離を生み出すことができるという。

記事に関わった人々

  • 執筆

    フェリックス・ペイジ

    Felix Page

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

フィスカーの人気画像