ポルシェ・マカン、ニュルブルクリンク・テストをスクープ

公開 : 2012.06.19 11:22  更新 : 2017.06.01 00:55

ニュルブルクリンクで最終テストに入っているポルシェの小型SUV、マカンのスクープ・ショットだ。このアウディQ5ベースのSUVは、ポルシェ5番目の柱となるべく今年の10月に発表されるモデルだ。

前のマカンはアウディQ5のボディでテストされていたが、最終的な形態でのテストはこれが最初である。そのスタイリングは、より大きなカイエンの影響は大きい。そのデザインは、カイエンの縮小版そのものだ。

マカンは、その特徴として、鋭く傾斜したフロント・ウインドーとリアのルーフラインが上げられる。そのサイズは、全長4600mm、全幅1890mm、全高1650mmで、カイエンより210mm短く、50mm狭く、40mm低い。そのベースはフォルクスワーゲン・グループのMLBプラットフォームを持つ。

トップ・エンド・モデルのエンジンは370bhpと55.3kg-mのパワー、トルクを持つツインターボV6エンジンを搭載する。それはBMW X3とレンジローバー・イヴォークよりも速い。

ベーシック・モデルは2台の4気筒エンジンが用意される。220bhpの2.0リッター・エンジンは0-100km、7.5秒と230km/hの最高速を持つ。ディーゼルは190bhpの2.0リッターだ。

また、マカンSには295bhp、3.6リッターV6が搭載され、250bp3.0リッターV6ディーゼル・ハイブリッドも用意される。更に、ポルシェはアウディの3.0リッターV6ツイン・ターボも搭載したいと考えているようだ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事