ベントレー コンチネンタルGTに新モデル「マリナー」設定 内外装に上質なタッチ

公開 : 2022.06.22 06:25

欧州向けのベントレー・コンチネンタルGTに新モデル「マリナー」が設定されました。最高出力659psの最上級クーペです。

フラッグシップクーペに特別なモデル登場

ベントレーは、コンチネンタルGTに新モデル「マリナー」を欧州で設定した。これまでで「最も速く、最もダイナミックで、最もラグジュアリー」なコンチネンタルGTとされている。

新型コンチネンタルGTマリナーは、最近発表されたコンチネンタルGT Sやアズールの上に位置し、最上位モデルであるスピードに匹敵するパフォーマンスを誇る。マリナー部門が手掛ける上質な仕上げも特徴的だ。

ベントレー・コンチネンタルGTマリナー
ベントレー・コンチネンタルGTマリナー    ベントレー

クーペとコンバーチブルが用意され、「世界最高のグランドツアラーを作るためにベントレーが知っていることのすべてを表す」と表現されている。

ツインターボW12エンジンを搭載し、最高出力659ps、最大トルク91.8kg-mを発揮。0-100km/h加速3.6秒、最高速度335km/hに達する。

ベントレーによれば、この「物理学を超えた」パフォーマンスは、標準装備の3チャンバー式アクティブエアサスペンション、オプションのカーボンセラミックブレーキ、48Vアンチロールコントロール、全輪操舵システム、電子リミテッドスリップデフによる「並外れたハンドリング」によって支えられているという。

圧倒的パフォーマンスに上質な仕上げ

内外装は、ベントレーのコーチビルド部門であるマリナーにより、上質かつ繊細なタッチが施されている。

ダブルダイヤモンドパターンのフロントグリル、マリナーのバッジ付きエアインテーク、独自のパドルライトパターン、照明付きドアシルなどがエクステリアの特徴だ。

ベントレー・コンチネンタルGTマリナー
ベントレー・コンチネンタルGTマリナー    ベントレー

インテリアでは、マリナー・ドライビング・スペシフィケーションを標準装備し、シート、ドア、リアクォーターパネルはすべて「ダイヤモンド・イン・ダイヤモンド」キルティングが施される。シートにはマリナーのロゴが刺繍されている。

その他、センターコンソールには独自の機械加工仕上げが施され、ブライトリング製の特注クロック、助手席側にはクルマのシルエットが描かれるなど、ユニークな工夫が凝らされている。

価格や日本導入についてはまだ確認されていない。

記事に関わった人々

  • 執筆

    フェリックス・ペイジ

    Felix Page

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ベントレーの人気画像