BMW 7シリーズの装備内容を大幅に向上

2014.08.26

ビー・エム・ダブリューは、フラッグシップ・モデルであるBMW 7シリーズの装備内容を大幅に充実するとともに、ハイブリッド・モデルには、アクティブハイブリッド7エグゼクティブ、および、ロング・ホイールベース・モデルのアクティブハイブリッド7Lエグゼクティブを新たにモデル・ラインアップに設定し、8月26日より発売を開始した。

3.0ℓ直列6気筒ツインパワー・ターボ・エンジンを搭載する740iおよび740Liは、ドライビング・アシスト・プラス、レーン・チェンジ・ウォーニング、BMWコネクテッド・ドライブ・プレミアム、アダプティブLEDヘッドライトを新たに標準装着とし、かつ、車両本体価格を据え置きとした。

4.4ℓV型8気筒ツインパワー・ターボ・エンジン搭載の750i、および750Liは、レーン・チェンジ・ウォーニング、BMWコネクテッド・ドライブ・プレミアム、エクスクルーシブ・ナッパ・レザー・インテリア、harman/kardonサラウンド・サウンド・システム、クライメート・コンフォート・ガラス、フロント・コンフォート・シート、フロント・ベンチレーション・シート、リア・エンターテインメント・システムを標準装備とした。

また、ハイブリッド・モデルであるアクティブハイブリッド7には、より豪華な装備のアクティブハイブリッド7エグゼクティブ、アクティブハイブリッド7Lエグゼクティブが追加された。このモデルは、アクティブハイブリッド7をベースに、レーン・チェンジ・ウォーニング、BMWコネクテッド・ドライブ・プレミアム、エクスクルーシブ・ナッパ・レザー・インテリア、harman/kardonサラウンド・サウンド・システム、フロント・コンフォート・シート、フロント・ベンチレーション・シート、クライメート・コンフォート・ガラス、リア・エンターテインメント・システムなどを装備している。

また、今回の装備変更により、車載の通信モジュールを利用し、運転中のオペレーターによるナビゲーションの目的地検索・設定や、スマートフォンでの車両の遠隔操作などが可能なBMWコネクテッド・ドライブ・プレミアムを7シリーズ全車に標準装着とした。また、ドライバーから死角になる自車の左右後方を走行する車両や、追い越し車線を急接近してくる車両をドライバーに警告することで、安全な車線変更をサポートするレーン・チェンジ・ウォーニングも全車標準装着する。

価格は、10,580,000円から20,210,000円まで。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事