日産ティアナをマイナーチェンジ

2012.06.27

日産自動車ティアナにマイナーチェンジを施し、6月27日より発売を開始した。

今回のマイナーチェンジでは、新デザインのアルミホイールやリヤコンビランプを採用。また、メーターのデザインを変更し、車両情報ディスプレイなどに白色照明を採用することで、ドライバーの視認性を高めている。さらに各種スイッチ類の色を変更し、ブラック内装のモデルについてはインストルメントパネルやセンターコンソール等の木目調も変更することで高級感を高めている。

また、ボディカラーは、新色のスチールブルーとブリリアントホワイトパールを加えた全6色としている。

今回のマイナーチェンジにあわせて、250XL スポーティセレクションを設定しました。250XLをベースとし、ブラックの本革シートなどにブルーのステッチを施した専用のインテリア、ダーククロームのフロントグリル、17インチアルミホイールなどの専用装備、リヤスポイラーやシルプロテクターを装着したエクステリアなど、スポーティな味付けがされているモデルだ。

価格は、2,583,000円から4,103,400円。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事