ポルシェ・ケイマンGTS vs ジャガーF-タイプ・クーペ

公開 : 2014.09.24 23:50  更新 : 2017.05.29 19:33

ここ近年、スポーツカーの成長は目覚ましい。もはやこれ以上うえを見つけることは、難しいのではないかとさえ思わせるほどだ。

中でも特に今回比較する2台はその最たる例で、ポルシェ・ケイマンGTSとジャガーF-タイプV6 Sクーペは、どちらも急進的な成長を見せるスポーツカーである。姿かたちもどことなく似ているし、(この記事では)ボディも光煌めくレッドと来れば、もはや較べずにはいられない。

この企画の間じゅう、それぞれのクルマに見合ったメタファーを考えることに必死だったと言うのが正直な所。それほどに両者のキャラクターは似て非なるもので、そこをどう上手く表現するか、ジャーナリストとしての腕を試されているような気持ちになった。

ただし両者の根本的な違いを見つけるのには、さほどの時間は要さなかった。今回も他の媒体とはちがう、’勝敗をキッチリと決める’ AUTOCARらしい結論も出せそうだ。

諸々の感想を並べる前に、まずは各車のおさらいといこう。というのも両者、オプションが載せに載せられているから、もはや ’素’ の仕様とは身体能力も価格も大きく違っているのだ。

ケイマンGTSを例に取ると、ベース車両の価格は、この手のスポーツカーとしてはなかなか魅力的な£55,397(984万円)。3.4ℓのフラット・シックスは341psを発生する。シャシーはGTS専用にチューニングしなおされ、PASM(電制サスペンション)と6速マニュアル・ギアボックスが標準的な装備だ。

ここから更にカーボンセラミック・ブレーキ、スポーツ・バケットシート、トルク・ベクタリング付きのLSDなどを組み合わせる事によって、最終的には£70,000(1,243万円)を軽々と越えてきた。

これに対してF-タイプV6 Sクーペの価格は£60,000(1,066万円)より少し高い程度に留まっており、ここから大きく価格が上昇することはない。

なぜかというと、F-タイプは8速オートマティック・ギアボックスとLSDが標準。ポルシェでは後から付け足す必要のあるパーツがほぼ最初から装着されているからだ。

フロント・エンジン vs ミド・エンジン。スーパーチャージャー vs 自然吸気。8速AT vs 6速MT。比べるべきことが多すぎて、テストを始める前から、あるいはこの記事を読み始める前からドキドキし始めるのも無理はない。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事