スペシャルショップ・ナビ

NA型ユーノス・ロードスターのウィークポイントといえば…

 
羽鳥鈑金塗装工業所の羽鳥です。

以前にNB型マツダ・ロードスターはサイドシルに錆が発生している個体が多いというお話をしましたが、
今回はNA型ユーノス・ロードスター。初代のモデルですね。

 

 
NA型も同様にサイドシル後端部分が錆びやすいのです。パッと見はポチッと錆で膨らんでいるだけに見えますが
突いてみるとご覧の通り、バックリと口を開けました。でも、この画像の感じだと「錆びてるところ切り取って
溶接・塗装して終わりでしょ?」と思われるかもしれませんが……甘いですよ!

 
まずはサイドシル後端の外板パネルをけっこう大きな範囲で切り取ります。

 

 

 
切り取った外板パネルは表から見るとさほどでもない錆でしたが、裏側を見るとこんなにも広がっています。

そして気になるボディ側の錆の進行はこんな感じ…こちらはそうひどくなさそうです。
ここの錆がひどいと、インナーパネルまで交換になってしまいます。

 
とりあえず錆を落としてみましょう。
ええんでない? インナーは交換しなくても済みそうですね。

さて、お次は……リーズナブルに修理するための秘密兵器が登場します。

羽鳥鈑金塗装工業所

神奈川県横浜市都筑区川向町922-20
TEL : 0120-471-980(フリーダイヤル)/ 045-471-9800
営業時間:9:00〜21:00 定休日:日曜日(ただし連絡いただければ受付対応は可能)
http://www.hatori.co.jp/ E-mail : [email protected]