スペシャルショップ

タイヤが外れなくなってしまった軽バン ホイールスタッドが外れてナットが回らず ナットを破壊して・・・


羽鳥鈑金塗装工業所の羽鳥です。
今年の年始のことですが、常連様からご相談が。

知り合いが軽バンのタイヤを冬タイヤに交換中のこと。
「ホイールナットを締め付けている時、一本だけ『少し硬いな』という感じがあったのだけれど、
締め付けていたらクルクルとなってしまい、その後ネジは緩みも締まりもせず、ガタガタのクルクルに・・・」

そこでディーラーさんに相談したのですが、年末年始の休業中で「1/10からでないと対応できません」との返事。
しかし、タイヤを止めているネジ1本がガタガタの状態で乗るのは怖いし・・・ということで我が社に白羽の矢が。
常連様からのご紹介でしたのでお断りするわけには行きません。
 
 
とりあえず、やれるだけのことはやってみましょう。
ホイールナットが締まりも緩みもできなく・・・なんてどういうことだ? と思いますよね、普通。


右前のココ。
ホイールナットを触るとガタガタしていて、ナットとホイールの接触するテーパー部に隙間があるのが見えます?
緩まず、締まらずで・・・

どうやらフロントハブに圧入されているスタッドボルトのカシメが外れてしまってガタガタになっている模様。
とはいえ、一般のユーザーさんにはなんのことだか? って感じですよね。
 
 
「ナットを破壊して外しますので、ホイールに傷が入ってしまいますが、ご理解ください・・・」
とお伝えして、荒療治のオペへと・・・

周りを養生して作業開始です。
外れないナットを外すには「ナットクラッシャー」なんて工具もありますが、この場所には使えない。
ホイールを再起不能にして良いのであれば、やり方はいくらでもありますが、
このホイールも買ったばかりで破壊は困るとのこと・・・


では、イザ参らん! とナットを割るように裂いてみようと、縦方向に削りを入れます。
こういう荒療治はあまり好きではありませんが、心を鬼にして・・・
 



ギリギリまでカットを入れていくと
「ボカン」とナットが爆ぜて外れるかと・・・
と、そんなに容易くホイールナットが外れるわけがありません。

困ったぞ
これ以上に削るには限界なので
ドリルを用いてボルトに小さな穴を開け、徐々に大きくしていく作戦に切り替えます。

コレが正解かどうかはわかりませんが、とにかく作業を進めます。
その間も、他のお客様や新年の挨拶に来られる業者さんと来客が続き、ちっとも作業がはかどりません。


途中から私の弟も加わり、様々な道具を駆使しつつ作業を進めた結果・・・

ようやく、外れました!




ホイールへのダメージはできるだけ抑えましたが・・・
使用には問題ない範囲なのでお許しを。
 


そして、足元には削りに削ったホイールボルトの切粉が・・・

羽鳥鈑金塗装工業所

神奈川県横浜市都筑区川向町922-20
TEL : 0120-471-980(フリーダイヤル)/ 045-471-9800
営業時間:9:00〜21:00 定休日:日曜日(ただし連絡いただければ受付対応は可能)
http://www.hatori.co.jp/ E-mail : [email protected]

新着ニュース

ニュース一覧