スペシャルショップ

シビックフェリオのトランクスポイラー除去&取付け穴埋め ジャストサイズの鉄板をツライチに溶接


こんにちは、羽鳥鈑金塗装工業所の羽鳥です。
今やかなり見かけなくなってきたホンダ・シビックフェリオの2代目モデル。
「トランクのスポイラーを外したい」とのご依頼を承りました。

「おおよそ6〜8万円ほどかかります」とお客様にお伝えし、
「それでお願いしいます」ということでクルマをお預かり。

実際にスポイラーを外してみないとわかりませんが、
取り付けの穴の数はたぶん4カ所。


エンブレムのHマークも穴埋め希望とのことで、
そちらはサービスいたしますということに。
 
で、スポイラーを外してみると・・・


一個、別に大きな穴が開いていた!
少し読みは外れましたが、作業を開始します。
 
 


トランクリッドに開けられた穴は、当然ながら裏側まで貫通しています。
そこで、鉄板を穴のサイズにカットして、キレイに溶接して穴埋めしようという作戦。


「当社では適当な穴埋めはしません!」などと偉そうなことは言えませんが
「できること」をします。



まずは穴のサイズに合わせて鉄板をカットしてフィッティング。
 


そして溶接機でジジッとくっつけます。
 


余分な溶接の肉を削り取って表面をフラットにすれば
ご覧の通り、キレイに穴埋めができました。

この穴埋め作業、その昔私は疑問に思いながら作業を進めていました。
穴よりも少し大きく鉄板を切って上から貼り付けて溶接をするのが
一般的な穴埋め方法なのですが、その「少し大きな」が曲者で・・・
少し大きめな鉄板と元の穴の隙間から錆が発生し、年月が経過すると
そのわずかな隙間から腐食が進んでしまうのです。

なので、ツライチで溶接することを私は好むのです。
だって、少しでも長く保ってもらいたいから・・・

さて、続いて作業は塗装へと進みます。

羽鳥鈑金塗装工業所

神奈川県横浜市都筑区川向町922-20
TEL : 0120-471-980(フリーダイヤル)/ 045-471-9800
営業時間:9:00〜21:00 定休日:日曜日(ただし連絡いただければ受付対応は可能)
http://www.hatori.co.jp/ E-mail : [email protected]

新着ニュース

ニュース一覧