スペシャルショップ

いすゞピアッツァの燃料タンク内部の錆修理その1 コーティングせずに修理するには? 修理は元旦に決行!



こんにちは、羽鳥鈑金塗装工業所の羽鳥です。
こちらは年末年始に作業を行った
いすゞピアッツァの燃料タンク内部の錆取り作業の模様です。

実は、ここに至るまでの経緯は長いのですが、
数年前に「長期間乗らずにいたら車検が切れ、エンジンもかからなく・・・」
ということでレッカー引き取りにてこのピアッツァをお預かりしました。

案の定、ガソリンタンクの中がサビサビでしたので、タンクを清掃し、
タンク内部をコーティングする必要がありました。
通常、タンク内部のコーティングは専門の業者様に外注しています。
しかしながらオーナー様はコーティングによる弊害を心配し
コーティングはしないで欲しいとのご要望でした。

そこでガソリンタンク内の錆をできるだけ取り除き、
車検を取得、納車したのですが、わずか1時間後にクルマは止まり、
再びレッカーで引き取りに。
クルマが止まった原因はどうしても取り切れない錆がタンク内に溜まり、
それを燃料ポンプが吸ってフィルターが詰まってしまったようでした。

 
わたし「やはり、キチンとタンク内部をコーティングしないとダメそうです」
お客様「いや、コーティングは避けたいので、タンクを切断して内部を清掃、
溶接して元通りにしてくれ」
わたし「そんなことはウチでは請け負えません。やはりコーティングしませんか?」
お客様「もし、コーティングが剥がれたら、責任を取ってくれるんですか?」
わたし「いや〜、そんなことをいわれてましても・・・」
お客様「それじゃあ、錆取りと清掃でお願いします」
わたし「はぁ、できる限り頑張ってみます」
 
 
とはいえ、ガソリンタンクを降ろして切断・・・などと通常では行わないような作業。
手間も時間も非常にかかるため、作業できるのはリフトが空いていて、
集中できる時間が確保できる時のみ・・・といったタイミングを見計らうも、
そんな時間、なかなかありません。
もちろん、それはお客様にもご理解いただいているので、お待ちいただくも
1年2年と年月は経過し・・・そして昨年末、ようやく修理のイメージを固めて、いざ作業に。
 
 


降ろされたガソリンタンク。


内部を確認すると、錆はすごい・・・のですが、そんなに重症ではない。

タンクを切り取って錆を取ってまた溶接するも、溶接で熱の入った部分から
錆はまた広がる・・・そう考えると、タンクを割ってという方法も完璧とはいえない。
どうすべきか・・・タンクを前に考える。
 


タンク内部からはこんな錆色の燃料が出てくるのみ・・・
 
そんな中、お客様がご来店されました。
わたし「タンク内部を確認したところ、切らずにやろうと思うのですが・・・」
お客様「おまかせします。羽鳥さんが良いと思うならコーティングしてもらってもいいです。」
わたし「コーティングは避けたいと思います。とにかく最善を尽くします」
お客様「お願いします。数年前、タンク清掃と整備、車検取得をしていただき、
納車後に走った1時間ほどの間、今までになかったほどに調子よく走ってくれて。
本当にお願いして良かったと思えるほどに走りが良かったんです」
わたし「わかりました。やるだけやってみます。スミマセンお時間かかりまして」
お客様「いや、大丈夫です。ピアッツァはもう一台持っていますので」
なんと、ピアッツァ2台持ちという、スゴいお方なのです。
 
 


もう私の心に迷いはありません。
12月29日の夜に錆取りに使う部材を買い込んで準備。
今回は“酸が効く”トイレ用の洗浄剤を用いて錆取りをします。
ネットで調べれば「タブー」とされているやり方ですね・・・
荒療治になりますが、その道の先駆者にも相談させていただき、
背中を押していただいたので、この方法で進めることに。

ガソリンタンク内に薬液を入れて一定時間放置、その後に清掃してキレイにする。
その時間の案配をどうするかが、この作業の勝負所だ。
年末なので、その時間の割り振りも考えねばならない。
もう同じ過ちでお客様にご迷惑はかけられないし、私も失敗はしたくない。
つけ込み後の清掃、その後の中和作業や乾燥の状態で、後の錆の出具合は大きく変わってくるので
「どのタイミングでいくか?」に非常に悩んだ。
で、決行は「元旦だ」と・・・

できることなら2021年内に錆取りを終えて、気持ちよく新年を迎えたいところでしたが、
最適な状況で作業しないと失敗するから、そこははやる気持ちを抑えて、
2022年の元旦にチャンスを賭ける!

そうして、2021年が終わっていくのでありました。

続く

羽鳥鈑金塗装工業所

神奈川県横浜市都筑区川向町922-20
TEL : 0120-471-980(フリーダイヤル)/ 045-471-9800
営業時間:9:00〜21:00 定休日:日曜日(ただし連絡いただければ受付対応は可能)
http://www.hatori.co.jp/ E-mail : [email protected]

新着ニュース

ニュース一覧