海外ニュース

2016.01.23

ジャガーF-タイプSVRの詳細が流出

来るべきジャガーF-タイプSVRの詳細がインターネット上に流出した。その情報によれば、590psを発揮するパワーユニットを搭載し、最高速度は322km/hに達するのだという。

この情報はオランダのウェブサイト、Autoblogに掲載されたものだが、その情報ソースは、ドイツのディーラーが製作を依頼したパンフレットからのようだ。本来のスケジュールであれば、数カ月後に発表され、今年後半から販売がスタートすることになる。

現時点でジャガーの正式なコメントはないが、このパンフレットによれば、エンジンはスーパーチャージャー付きの5.0ℓV8で、ギアボックスが8速オートマティック、そして駆動方式はAWDだ。

パワーはV8 Rクーペの564psから26psほどアップされた590ps、そしてトルクも69.4kg-mから1.9kg-mほどアップされた71.3kg-mとなる。その結果Rクーペの300km/hよりも22km/h速い322km/hというトップ・スピードと、0.4秒速くなった3.7秒という0-100km/h加速のパフォーマンスを得ることに成功している。

ブレーキは、カーボン・セラミック製で、スタンダード・モデルよりも21kgほど軽いという。また、ライトウエイト・チタン・エグゾーストで12kg、鍛造アルミニウム・ホイールで10kgという軽量化が図られているという。また、最高80%のリフトを軽減するリア・ディフューザー、フロント・スポイラー、リア・ウイングが装備される。エア・インテークは、エンジンとブレーキの冷却のために大型化される。

パンフレットによれば、コンバーチブル・バージョンも製作さえるという。但し、コンバーチブルの最高速度は312km/hに下がるという。

もちろん価格は発表されていないが、おそらく£100,000(1,695万円)以上となるだろう。


▶ 海外ニュース / ジャガーF-タイプSVRがニュルブルクリンクでテスト

最新海外ニュース

 

初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧