「鉄仮面」に惑わされるな!? ヒョンデの末弟「コナ」は、小さくてもハイレベルの実力派

公開 : 2024.04.12 11:05

ヒョンデの日本導入最新モデル「コナ」。どんなクルマなのでしょうか? 試乗して確かめます。

もくじ

ヒョンデ第3のモデル、どんなクルマ?
コンパクトでも見劣りしない充実装備
誰でもすぐになじめるクセのない使い勝手
装備に感じる「おもてなし」 日常の相棒にしたい1台

ヒョンデ第3のモデル、どんなクルマ?

AUTOCAR JAPAN sponsored by Hyundai Mobility Japan

2022年の日本市場への再参入以来、着実に存在感を強めてきている韓国のヒョンデ。今回は昨年秋に日本導入が発表された最新モデル、コナに試乗することができた。

ヒョンデ コナ ラウンジ:全長×全幅×全高=4355×1825×1590mm、ホイールベース=2660mm。

クロスオーバーSUVスタイルのコナは燃料電池車のネッソ、5ドアハッチバックのBEVモデル、アイオニック5に続くヒョンデ第3の日本導入モデルとなる。ちなみにグローバルにおけるコナはICEやハイブリッドモデルも用意されているが、日本市場ではBEVのみの展開となっている。

モーター最高出力:204ps/5800-9000rpm モーター最大トルク:26.0kg-m/0-5600rpm。

丸みを帯びたコナのボディはBセグメントに属し、日産リーフやBMW iX1よりもひと回りほどコンパクトなサイズ感。駆動方式はFFとなっている。

コナのラインナップはエントリーグレードのコナ カジュアルからミドルグレードのコナ ボヤージュ、そして今回試乗したコナ ラウンジの3種類。最上級モデルのラウンジではAピラーからルーフにかけてブラックアウトされたスタイリッシュなモデル、コナ ラウンジ・ツートンを選ぶこともできる。

ホイールベース内の床下に搭載されているリチウムイオンバッテリーは、カジュアルが48.6kW、ボヤージュとラウンジが64.8kW。モーターの最高出力はカジュアルが135psで、それ以外のモデルは204psとなっている。

一充電走行距離はWLTCモードでカジュアルが456km、ボヤージュが625km、そしてラウンジが541kmと、ボディサイズに対して十分な数値が確保されていることになる。

記事に関わった人々

  • 執筆

    吉田拓生

    Takuo Yoshida

    1972年生まれ。編集部員を経てモータリングライターとして独立。新旧あらゆるクルマの評価が得意。MGBとMGミジェット(レーシング)が趣味車。BMW 318iコンパクト(E46)/メルセデスBクラスがアシグルマ。森に棲み、畑を耕し蜜蜂の世話をし、薪を割るカントリーライフの実践者でもあるため、農道のポルシェ(スバル・サンバー・トラック)を溺愛。
  • 撮影

    小川和美

    Kazuyoshi Ogawa

    1986年生まれ。クルマ好きの父親のDNAをしっかり受け継ぎ、トミカ/ミニ四駆/プラモデルと男の子の好きなモノにどっぷり浸かった幼少期を過ごす。成人後、往年の自動車写真家の作品に感銘を受け、フォトグラファーのキャリアをスタート。個人のSNSで発信していたアートワークがAUTOCAR編集部との出会いとなり、その2日後には自動車メディア初仕事となった。

ヒョンデ コナとアイオニック5に一気乗りするチャンス

前後関係をもっとみる

関連テーマ

おすすめ記事