クルマ漬けの毎日から

2020.08.27

サマリー

新型車「ホンダe」のことを気に入ったクロプリー編集長。イギリスでの発表会でこのEVに試乗しましたが、そのインプレッションを確認しようと、2度目の試乗をしました。気になっていた充電ソケットのこともお伝えします。

【クロプリー編集長コラム】ホンダeが欲しい! でも家にたどり着けない

もくじ

2度目の試乗 実行
充電ソケット 大雨でも問題なし

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

2度目の試乗 実行

ホンダeのイギリス発表会のことを数週間前に書いたが、その後このEVを私の好きなデコボコ道で走らせてみなければと思い、実行した。

今回の試乗目的は、1. ステアリングがほぼ完璧なこと、2. アスファルトの段差を超えた時も優秀で、ノイズレベルは低い、という以前書いた2点が適切であったかを確認することだ。

そして650kmほど走行した結果、この2点はやはり素晴らしかった。

さらに今回の試乗では、ハンドリングを試すこともできた。1500kgという車重にもかかわらず、ホンダeのグリップと敏捷性は予想よりも優秀だった。

だが残念ながら、ホンダeは私の家にはやって来ないだろう。我が家は片田舎にあるので、航続可能距離が足りないからだ。

同じパッケージで300kmを超える航続距離を備えたホンダeが登場したら、すぐにオーダーしたいと思う。

充電ソケット 大雨でも問題なし

ホンダeについて、もう1つお伝えしたい。

この小型車のボンネットに取り付けられた充電ソケットは、雨が降っている時にも機能するのだろうかと、私は単純に疑問に思っていた。

それで大雨が降っている時、外へ出て確認してみた。結果は、まったく問題なし。

雨の影響は受けなかった。たとえ嵐の日でも、このソケットは適切に機能するだろう。

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。
 
 
 

人気記事