クルマ漬けの毎日から

2020.08.27

新型車「ホンダe」のことを気に入ったクロプリー編集長。イギリスでの発表会でこのEVに試乗しましたが、そのインプレッションを確認しようと、2度目の試乗をしました。気になっていた充電ソケットのこともお伝えします。

【クロプリー編集長コラム】ホンダeが欲しい! でも家にたどり着けない

もくじ

2度目の試乗 実行
充電ソケット 大雨でも問題なし

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

2度目の試乗 実行

ホンダeのイギリス発表会のことを数週間前に書いたが、その後このEVを私の好きなデコボコ道で走らせてみなければと思い、実行した。

今回の試乗目的は、1. ステアリングがほぼ完璧なこと、2. アスファルトの段差を超えた時も優秀で、ノイズレベルは低い、という以前書いた2点が適切であったかを確認することだ。

そして650kmほど走行した結果、この2点はやはり素晴らしかった。

さらに今回の試乗では、ハンドリングを試すこともできた。1500kgという車重にもかかわらず、ホンダeのグリップと敏捷性は予想よりも優秀だった。

だが残念ながら、ホンダeは私の家にはやって来ないだろう。我が家は片田舎にあるので、航続可能距離が足りないからだ。

同じパッケージで300kmを超える航続距離を備えたホンダeが登場したら、すぐにオーダーしたいと思う。

充電ソケット 大雨でも問題なし

ホンダeについて、もう1つお伝えしたい。

この小型車のボンネットに取り付けられた充電ソケットは、雨が降っている時にも機能するのだろうかと、私は単純に疑問に思っていた。

それで大雨が降っている時、外へ出て確認してみた。結果は、まったく問題なし。

雨の影響は受けなかった。たとえ嵐の日でも、このソケットは適切に機能するだろう。

関連テーマ

人気テーマ

 
 

おすすめ記事

 

EVの人気画像

×