クルマ漬けの毎日から

2020.09.21

サマリー

1920年代のグランプリやタルガ・フローリオで勝利を挙げたブガッティ・タイプ35。その75%スケールの「ブガッティ・ベイビー2」が、2019年に誕生しました。ベイビー2はイギリスで生産されています。

【クロプリー編集長コラム】「ブガッティ・ベイビー2」の意外なポテンシャル

もくじ

創業者エットーレのアイディア 再現
ベイビー2 大人も乗れる
アストン、ベントレー、ジャガー版も計画中

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

創業者エットーレのアイディア 再現

クラシックカーのビジネス拠点として成長しているビスター・ヘリテージへ行った。

ここは自宅から比較的近いこともあり、私にとっては急速にグッドウッドのような存在になっている。

50%スケールの初代ベイビー。最初はエットーレの息子ローランドのためにつくられ、その後1927年から1936年にかけて市販モデルとなった。

今回ビスター・ヘリテージを訪ねたのは、新型EVの「ブガッティ・ベイビー2」を取材するためだ。このクルマはブガッティ110周年を記念して、2019年のジュネーブ・モーターショーで発表された。

かつて、偉大な創業者エットーレ・ブガッティは、末息子のローランドのために「タイプ35」のハーフサイズの「ブガッティ・ベイビー」をつくっている。

そのアイディアを再現して、2代目となるこのベイビー2が誕生したのだ。

ベイビー2 大人も乗れる

ベイビー2は親子が裏庭で楽しむブガッティで、初代ベイビーと同様に動力は電気だ。だが、75%スケールなので、大人も走らせることができる。

子供用のおもちゃではなく、タイプ35の質感と伝統が再現されており、大いに注目を集めている。

外観はタイプ35に忠実で、さらにサスペンションもタイプ35と同じジオメトリーが採用されているという。また最上級モデルには、手作業でアルミボディが与えられる。

シロンにも装備されている「スピードキー」の助けを借りれば、最高速を72km/hにまで上げることが可能だ。

価格はベースモデルが3万ユーロ(約371万円)というから、決して安くはない。ブガッティも熱心にこのプロジェクトに取り組んでおり、チーフ・テストドライバーのアンディ・ウォレスが解説とデモンストレーションをしてくれた(写真参照)。

アストン、ベントレー、ジャガー版も計画中

この独創的なプロジェクトの仕掛け人は、かつてイギリス代表のスキー選手で、現在はリトル・カー・カンパニーを経営するベン・ヘドリーだ。

彼の会社では、同様のやり方で14bhpの後輪駆動、航続距離40kmの精緻なスケールモデルを他にも製造しようと計画している。そのなかにはアストン マーティン、ベントレー、ジャガーも含まれている。

ヘドリーによれば、ブガッティ・ベイビー2は限定500台の受注をほぼ終え、ビスター・ヘリテージの新工場で週に6台生産される見込みだ。

さらに将来的には、全ブランドの子供用レースカーが参加するレースイベントを開催したいと、ヘドリーは語った。

この話を聞いて、実に驚いた。子供向けのクルマを取材に来たと思っていたのに、数百万ポンド(数億円)のビジネスの話だったのだから。

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。
 
 
 

人気記事