クルマ漬けの毎日から

2020.12.19

最新のアバルト595スコルピオーネオーロに試乗したクロプリー編集長。AUTOCARの評価基準ではベスト・ホットハッチに選ぶことはできませんが、遠回りルートで帰宅したほど、このアバルトを気に入っています。

【クロプリー編集長コラム】アバルト595の最新限定車「スコルピオーネオーロ」に試乗

もくじ

「評価基準」と「現実」の板ばさみ
「一心不乱に走る」アバルトを楽しむコツ

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

「評価基準」と「現実」の板ばさみ

秋に入り、移動のクルマとして選んだのは、価格3万ポンドのアバルト595スコルピオーネオーロである。

フィアット500をベースとしたアバルトは、かれこれ10年以上製造され続けている。最新限定モデルのスコルピオーネオーロは出力165psを持ち、小型ロケットのように速い。

しかし、そのパフォーマンスは、私をあるジレンマに陥らせた。

どういうことかというと、アバルト595はドライバーを幸せな気分にさせてくれるが、AUTOCARが選ぶベスト・ホットハッチのトップにランキングすることはない(古さ、トルクステア、非常に硬い乗り心地がその理由)。

しかし、そうでありながらも、2度目のロックダウンの前に、595スコルピオーネオーロでイングランド南部まで往復160mile(260km相当)の取材に出かけた時、遠回りをして帰宅しようとしている自分に気がついた。

このドライブを終えたくなかったのだ。

クルマを評価するために使っている基準が、必ずしも万能ではないと思わざるを得ない状況に直面し、さてどうしたものかと思いながら、私はアバルトを走らせていた。

「一心不乱に走る」アバルトを楽しむコツ

アバルトの視点の高いドライビング・ポジションは、素晴らしい(メカニカルコンポーネントはパンダと共有)。

さらに、パッドでサポートされたシート、ブースト計、Gメーター、アルミのシフトノブとペダル、スポーツ仕様、ゴールドのホイールといったスコルピオーネオーロのすべてのハードウェアが、アバルトがどういうクルマなのかを思い出させてくれる。

普通に運転して良さを味わうクルマではなく、ハイスピードで真剣に運転を楽しむクルマ、それがアバルトなのだ。

このことを再認識するのに少し時間がかかったが、このメッセージをいったん理解した後は、595を心ゆくまで楽しむことができた。

もし個人的に手に入れたら、私はアバルト595と上手くやっていけるだろうか? きっと楽しいカーライフになると思う。

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。
 
 
 

人気記事