クルマ漬けの毎日から

2021.05.16

2025年に全モデルがEVとなるジャガー。その未来について、JLRのジェリー・マクガバン氏(CCO)にインタビューしました。次世代ジャガーのキーワードは何でしょうか?

【クロプリー編集長コラム】次世代ジャガーのキーワードは? JLRのマクガバン氏に取材

もくじ

今後ジャガーにも関わる マクガバン氏
未来のジャガー そのキーワード
熱く語る人 マクガバン

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

今後ジャガーにも関わる マクガバン氏

先日、ジャガー・ランドローバー(JLR)のジェリー・マクガバンとジャガーについて話をした。

目下のところ、この取材が私にとって今年いちばんのハイライトだ。

長年ランドローバーのデザインを担当し、大きく貢献してきたジェリー・マクガバン。現在はジャガーとランドローバーの両方を統括するCCOに。

JLRのティエリー・ボロレ新CEOの革新的な戦略「Reimagine」のもと、マクガバンはJLRのチーフ・クリエイティブ・オフィサー(CCO)という肩書きの役員に就任し、現在はランドローバーのみならず、ジャガーも含めた両方のブランドを統括している。

未来のジャガー そのキーワード

CEOのボロレ、CCOのマクガバン、そしてジャガーのデザイン責任者のジュリアン・トムソンが一丸となり、ジャガーは素晴らしいEVを誕生させるにちがいない。

インタビューの間、マクガバンは次世代ジャガーを特徴づけるキーワードとして、感情を表わす2つの言葉を度々使っていた。

次世代ジャガーはすべてEVに。どんなクルマになるのか?

1つは、実際に身体で感じるほど強く、深い感情を表現する形容詞「visceral(ヴィセラル)」。もう1つは、あふれんばかりの熱意やエネルギーを表現する「exuberant(エグジューベラント)」という形容詞だ。

私はこの2つの単語を辞書で調べ、その微妙な意味合いを探った。

熱く語る人 マクガバン

2025年の次世代ジャガーは、非常に刺激的なクルマになりそうだと私は強く感じている。

今回に限らず、マクガバンと話していていつも感心するのは、そうするのが相応しいと思う事柄について、実に情熱的に語ることだ。

だが、そのように熱く語れば、批判されることもあるだろう(外野からヤジを飛ばすことは容易だから)。

しかしそれでも、マクガバンはいつも全力で熱く語る。これはなかなか勇気が要る行動だ。

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。

関連テーマ

人気テーマ

 
 
 

人気記事