BMWi8

公開 : 2014.11.01 15:03  更新 : 2017.05.23 10:26

BMWが送り出すプラグイン・ハイブリッドの新世代スーパースポーツ、i8。すでに注文が殺到している為、限られた試乗ではあったが、その実力を日本の道で確かめた。

発売、いや“発売が発表”されると同時に世界で予約が殺到! 「そんな顧客へのデリバリーを優先させるために、テストドライブ用の車両を確保するのは困難」とも言われていたBMWの最新スーパースポーツカー『i8』に、日本の道で乗れるという思わぬチャンスが訪れた。

ただしテストドライブの舞台は借り切り状態とした箱根のターンパイク。それも1メディア当たりわずかに10分間の貸し出しという制限付き。ここでは事前にカリフォルニアで開催された国際試乗会での印象も交え、改めてi8の全貌に迫ることにしよう。

BMWが久々に放つスーパースポーツカーの魅力――それは、CFRP製パッセンジャーセルやアルミニウム製ドライブモジュールを組み合わせた先進の超軽量ボディ、最新のミニにも搭載されるユニットと基本構造を共にする、ターボ付きの直噴3気筒エンジンと組み合わせた外部充電対応のハイブリッドシステムを採用という話題の以前に、まずはあの、何とも前衛的でオリジナリティに富んだスタイリングにこそあると言っても過言ではないはずだ。

かつては自らも参戦したF1でのノウハウも採り入れた結果という空力性能は、Cd値がわずかに0.26というもの。だがそんなデータは知らずとも、シザー式ドアの採用もあって、誰の目にもひと目でスーパーカー的に映るに違いないスタイリングは、日本の風景の中に置いても大いに斬新で魅力的だ。

そんなエクステリアのデザインに対して、インテリアも決して負けてはいない。実はi8の場合、システムの起動やドライブモードの選択、さらにはライトやワイパー類の操作系は、意外にもすでに量販されている普通のBMW車と同様のデザイン。それでいながら、いかにも未来的なエクステリアに勝るとも劣らない先進性を演じているのだから、やはりそのデザイン手腕はたいしたものだ。

ターンパイクでテストドライブできたのは、右ハンドル仕様車。カリフォルニアで乗ったモデルは当然左ハンドル仕様だったから、これは初体験となる。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記