ダイハツ・ムーヴ、フル・モデルチェンジ

2014.12.12

ダイハツは、ムーヴにフル・モデルチェンジを施し、12月12日から発売を開始した。

今回のモデルで6代目となるムーヴは、基本コンセプトは変わりないものの、新開発の軽量高剛性ボディ骨格構造や足回りの改良などにより基本性能を大幅に向上させたのが特徴。

ボディは、外部からクルマにかかる力とクルマから外部へ伝える力をコントロールする Force Control (フォースコントロール)に着目して開発が行われた。サイド・アウターパネルの全面厚板ハイテン化を行い、構造断点を低減し、骨格全体で力を受け止める構造とした。外板樹脂化なども含めボディで20kg軽量化しながらも、従来と同等の衝突安全性を確保。その上でアンダーボディに最適な補強を行い、高剛性化による基本性能向上を実現している。

また、サスペンションは、D suspensionと名づけたもので、リア・サスペンション、ストラットの剛性アップ、ブッシュの特性見直し、コイル・スプリング/アブソーバ特性の最適化、さらにブレーキ_フィーリングの向上などが図られた。これにより安心/安全と、フラットで快適な乗り心地を提供するという。

また、D assistと呼ばれる、ステアリング・スイッチで、ワンタッチ操作による “パワーモード” への切り替えが可能なモードが軽自動車としては初めて採用された。これは、エンジンおよびCVTの制御を変更することにより、アクセル操作に対するレスポンスが良くなり、加速性能や登坂能力をアップするというもの。

エンジンはNAとターボの2本立てで、NAモデルは31.0km/ℓ、ターボ・モデルでも27.4km/ℓの燃費を確保。トランスミッションは、CVTのみとなる。また、駆動方式は2WDと4WDが設定される。

ボディ体系は、ノンターボ、ターボ、ノンターボのカスタム、そしてターボのカスタムに大きく4分類される。ムーヴ・カスタムは、上級志向のエクステリア、インテリアが与えられたモデルだ。

価格は、1,134,000円から1,792,800円。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース