プジョー308シエロ / 308SWシエロ

公開 : 2014.12.22 23:30  更新 : 2017.05.29 19:00

■どんなクルマ?

フル・モデルチェンジされ、新型へと進化したプジョー308シリーズが、日本に上陸を果たした。日本仕様のラインナップは、ハッチバックの “308” と、610ℓのラゲッジ・スペースに象徴されるように、さらにその機能性を高めた “308SW” の2モデル。308には “プレミアム”、”アリュール”、”シエロ” の3グレードが、308SWは “プレミアム” と “シエロ” の2グレードが用意される。

308SWは、308に対して全長で325㎜長くボディ・サイズが設定されている。ホイールベースは110㎜、リア・オーバーハングも220㎜長い。したがってエクステリア・デザインの第一印象は両車では大きく異なり、同じ308シリーズではあるものの、そのキャラクターの違いは、誰の目にも明確に伝わるはずだ。一方で、PSAグループで新開発された “EMP2” プラットフォームを使用するのは、両車に共通する事情。軽量化や低重心化は、この新型プラットフォームの大きな特長で、従来型と比較すると単体重量は70kg、重心高は20㎜も低くセッティングされている。

エンジンは、日本仕様では全モデルが1.2ℓ直列3気筒ターボを搭載する。最高出力&最大トルクは130ps & 230Nm。最大トルクの発生回転数は1750rpmと低く、実用域での扱いやすさにも大きな期待が持てる。ミッションは6速AT。センター・コンソール上のスイッチでスポーツ・モードを選択すれば、メーター・パネルの表示は鮮やかなレッドを基調色としたものに。6速ATのシフト・プログラムやステアリングのパワーアシスト量、さらにアクセル・ペダルのフィーリングも、スポーティな方向へと変化する。パドル・シフトは全モデルに標準装備となるから、これを使って積極的にマニュアル・シフトを楽しむこともできる。

■どんな感じ?

まずはハッチバックの308から、そのステアリングを握った。試乗車はトップグレードの “シエロ”。テップ・レザー&アルカンターラのスポーツ・シートが装備されるほか、タイヤ・サイズが225/45R17サイズとなるなど、ハッチバックの機能性のみならず、走りの楽しさをも強く意識したグレードといえる。

ドライブを始めて、まず印象的だったのはサスペンションの自然な動きだった。走りを意識したとはいえ、サスペンションは必要以上に硬いフィーリングを伝えるわけではない。コーナリング時のロールも、比較的その速度はゆっくりだから、結果的にそれはハンドリングが非常にスムーズだという印象をドライバーに与えてくれる。ステアリングはスポーツ・モードを選択しなくても、十分にリニアな反応で、またノーズの動きも正確だ。搭載エンジンがコンパクトな直列3気筒であることも、確実にプラス方向の影響を与えている。

関連テーマ

 
最新試乗記