デイトナ24時間クラシック

2014.11.12〜16

text & photo:Keith Bluemel translation:Hiroshi Yoshida (吉田 弘)

 
デイトナ24時間クラシック・ミーティングが11月12日から16日まで開催された。このイベント、ヒストリック・スポーツカー・レーシング(HSR)が主催するもので、運営はル・マン・クラシックスを参考にしているという。

登場するマシンは、年式によりAからFまでの6グループに大別され、さらに各グループの中で細かにクラス分けされている。タイトルに用いられる「デイトナ24時間」を模して行われるメインイベントは40分間の耐久レースで、それを4ヒート行うもの。

メインのレースイベントに先立ち、著名なドライバーが参加するトークショーが金曜日に開催され、ブライアン・レッドマン、ヴィック・エルフォード、ヨッヘン・マス、そしてアルトゥール・メルツァリオなどが登場した。彼らは、このイベントに参加したドライバーのほんの一部であることは言うまでもない。

エントリーリストは58の国から参加した参加車で一杯になった。アメリカ以外ではヨーロッパからが多いが、遠くは、アルゼンチンやオーストラリアからのエントリーもある。

ローラT70ジーレックス・スペシャルをドライブするベルギーのマルク・デービスは、スイスのクリスチャン・トレーバーとのコンビで出場しグループAで優勝。ドイツのユルゲン・バルトとマウロ・カセディ駆るポルシェ907LH(ラングヘック)、同じくポルシェのスポーツプロトとしては、アメリカからの910、アルゼンチンからの906、英国のティム・サマーのブルーとイエローの塗り分けでお馴染みのフェラーリ365GTB/4もグループAでの参戦だ。

グループBでは3台のポルシェ935K3が注目されたが、レースではシェブロン勢に先を越されてしまう。グループCはロスマンズやレイトンハウスといった懐かしのポルシェ962たちが集まった。

‘90年代中心のグループDは予選1位のフェラーリ333SPが決勝に臨んだが、本番では調子が上がらずローラB2K/40が優勝。2000年代のスポーツプロトタイプで競われるグループEは、アウディR8がマセラティMC12を下して制した。グループFは、ポルシェ・ボクスターで出場したレイズマン組がグループDで優勝し2クラス制覇達成した。

今や伝統のイベントになったル・マン24時間クラシック。一方、このデイトナのクラシック・イベントは始まったばかりである。まだ手際よく、とまで行かなかったかもしれないが、数々のプログラムは好評だった。これからの発展が楽しみである。

  • Aクラスを制したのはベルギーから参加した1965年型ローラT70 Mk-1。

  • ローラと激しいバトルを繰り広げた1965年型フォードGT40 Mk-1。

  • 元ポルシェワークスのユルゲン・バルトが乗るポルシェ907LH も参加。

  • 日本でもおなじみのポルシェ910は、地元アメリカからのエントリー。

  • このクラスで唯一のフェラーリとなった365GTB/4デイトナ。

  • デイトナ24時間に欠かせないポルシェ911ナローも数多く参加した。

  • グループBではスポーツカーのシェブロンB23が本領を発揮して制覇。B34、B36も上位に食い込んだ。

  • 本命と思われていた3台のポルシェ935だったが、スポーツカー勢の先行を許してしまった。

  • ル・マンやIMSAシリーズで活躍したBMW 3.0CSLも参加。ワークスカラーは今見ても美しい。

  • グラマラスなスタイリングが特徴のグリーンウッド・コルベットは、決めのスター&ストライプカラーで参加。

  • グループ5仕様で武装したデ・トマゾ・パンテーラは、アメリカからのエントリーだった。

  • お約束のロスマンズ・カラーだが、中身はIMSA用の962。

  • グループCを完全制覇したイギリスからやってきたポルシェ962。

  • こちらは当時に世界戦を闘ったポルシェ956。オーストラリアから参加。

  • IMSAシリーズで活躍したスパイスSE89Pシボレーも激走した。

  • 予選でグループDのポールを獲得した元JMBのフェラーリ333SP。

  • ワークスカラーのダッジ・ヴァイパーGTS-Rは大健闘し4位に食い込んだ。

  • ゼッケン2と共にルクセンブルクから参加のダッジ・ヴァイパーGTS-R。

  • 2000年代のグループEは2005年型アウディR8の完全制覇に終わる。

  • FIA GTシリーズ・チャンピオンのマセラティMC12はいまひとつに。

  • 2012年という最近のコヨーテ・コルベットもなぜか参加していた。

関連テーマ

人気テーマ