カリフォルニアT vs 911ターボS vs V12ヴァンテージS

公開 : 2015.02.27 23:55  更新 : 2017.05.29 19:32

雪解け水と埃に覆われた路面に差し掛かる。カリフォルニア、ヴァンテージのタイヤはピレリ製である。しかし前者は冬用のソットゼロ、後者は夏用のコルサを履いているため直接的な比較はフェアではないが、どちらも911に離される気配はない。

911は、ステアリング、ブレーキ、可変シャシー、ダイナミック・マウント、デフ、クラッチ、トラクション・マネージメントなどが脇を固め、爽やかな面持ちで淡々と走り抜ける。

ヴァンテージは、どちらかというと最速タイムを目指すためのマシンではない。前方を睨みつけながら真剣に走るというよりも、快音に浸りながら気持よく流すクルマというのが適切な立ち位置なのだろう。

やはり、今回のテストを通して痛感したのはカリフォルニアTの先進性である。わずかに締めあげられたサスペンションや限界まで下げられたエンジンの搭載位置から受ける動力性能の高さは、新しいターボ・ユニット以上の感動を与えてくれた。

特にヴァンテージと比べると、フェラーリの余念のない努力がうかがえる。自らが曲がらんとする身のこなしなどは、まさに現代におけるスーパーカーの象徴といってもいい。

911に見られた完璧主義的な性格に及んでいないのは事実だが、これまでのカリフォルニアに比べるとレパートリーの多様性が倍以上に増えた。精緻なステアリングや繊細なバランスは、決して容易に真似できるものではない。

関連テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記