メルセデス・ベンツSクラスの最新スクープ・ショット

公開 : 2012.08.09 11:43  更新 : 2017.06.01 01:01

メルセデス・ベンツSクラス・ラインナップは、今後2年間で5つのバリエーションを登場させる計画でいる。これは、そのSクラスの最新のスクープ・ショットだ。

旧モデルと比べて、LEDが統合されたヘッドランプと、僅かに広くなったクロームのフロント・グリルなどが変更されていることが見て取れる。スタンダード・サルーンの他、6メーター以上の長さを持つ2つのプルマン・バージョンやマイバッハのためのロング・ホイールベース・モデルも登場する予定だ。

Sクラス・クーペは、CLとSクラス・カブリオレのための新しいボディ・ベースとなるもので、2006年のデトロイト・モーターショーで披露されたオーシャン・ドライブ・コンセプトにヒントを得たデザインだ。共に、2014年に登場することになろう。カブリオレは、4ドアとはコンセプトが全く異なるモデルで、大きなファブリック製のフードを持つモデルである。

また、メルセデスはSLと、SLSクーペとロードスターのフェイスリフト・バージョンも2015年には投入する。SLSの電動Eセル・バージョンも来年に発表予定だ。

Eクラスは、来年大幅なアップグレードを受ける。ドアとルーフ以外のボディ・パネルは全部変更となり、新しい1.8リッター・ターボ・ガソリン・エンジンの採用も計画されている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×