ルノー・メガーヌR.S.275トロフィー-R

公開 : 2015.04.17 23:50  更新 : 2017.05.29 19:22

ダイアモンドの如くハード、それゆえに絶滅危惧種、だからこそ超大作。

■プロローグ

”かなりハードコアだったメガーヌR.26Rが、トロフィー-Rの先祖だ” ― マット・プライヤー (ロードテストエディター)

英国に輸入されるのは、合わせて30台。既に辛口のメガーヌRSからさらなるパワーを絞りだすために生まれてきた。

それゆえ多くの装備が取り払われ、そのかわりにレーザー・ビームさながらの鋭さをもったシャシーがさらにシャープになっている。

そんなトロフィー-Rがノルドシュライフェ最速タイムをマークしたことを今さら語るのは、AUTOCARの読者にとっては釈迦に説法かもしれない。

そんな伝説的なFF車がさらに速さを増したと聞けば、エンジニアの狂気さえも感じるし、実際に自分の目で見てみたいという ’怖いもの見たさ’ に似た感覚さえ覚える。

 
最新試乗記