三菱アウトランダー、大幅なマイナーチェンジ

2015.06.18

三菱自動車は6月18日、SUVモデルのアウトランダーPHEVおよびアウトランダーに大幅なマイナーチェンジを施し、アウトランダーPHEVは7月9日から、アウトランダーは同日より発売を開始する。

このビッグ・マイナーチェンジは今年のニューヨーク・モーターショーで発表されたモデルであり、そのベースは昨年発表されたアウトランダーPHEVコンセプト-Sになる。

エクステリアはほぼ一新されたといっても良いリファインがされている。今後の三菱のデザインの方向性を示すもので、フロントはダイナミック・シールドという新しいコンセプトに基づいた力強いものとなっている。また、LEDポジション・ランプを搭載したLEDヘッドランプ、LEDリア・コンビネーション・ランプなども新しい。

一方、インテリアは、アウトランダーPHEVは上質でラグジュアリーな空間を演出したもの、アウトランダーはシックで落ち着きのある上質さとスポーティ感にこだわったもの、が与えられている。

エンジンは、アウトランダーPHEVはフリクションの低減やプラグイン・ハイブリット制御の最適化などが行なわれ、燃費が1.6km/ℓ向上した20.2km/ℓとなっている。また、モーターのみでの航続距離も60.8kmにと0.6kmほど伸びている。また、ガソリン・エンジンのアウトランダーについては新世代のCVTを搭載。2WDモデルで燃費を0.8km/ℓ向上させた16.0km/ℓに、4WDモデルでも0.2km/ℓ向上した14.6km/ℓとした。

この他、ボディ剛性のアップ、サスペンションの改良、静粛性の向上などが行なわれている。

価格はアウトランダーPHEVが3,596,400円〜4,590,000円。アウトランダーは2.0ℓの2WDモデルが2,519,640円〜2,617,920円。2.4ℓの4WDモデルが2,791,800円〜3,211,920円。

 
最新国内ニュース

人気記事