レクサス、ISにターボエンジン搭載モデルを追加

2015.07.23

レクサスは、ISに、FR車としてレクサス初のターボエンジン搭載モデル、IS200tを追加設定した。また、積雪寒冷地域の需要に応え、IS300hにAWD仕様を追加設定。さらに、一部改良として外板色に“Fスポーツ”専用色のヒートブルー・コントラストレイヤリングなどを加えた全10色を設定し8月3日に発売する。

今回追加されたIS200tは、最高出力245ps/5800rpm、最大トルク35.7kg-m/1650-4400rpmを発揮する2.0ℓ直噴ターボエンジンを搭載。ツインスクロール・ターボチャージャーと可変角を拡大したデュアルVVT-iWを組み合わせるとともに、最適な燃焼効率を実現するD-4STを採用することで、低回転域から十分なトルクを発生するという。トランスミッションは8スピードSPDSが選ばれ、JC08モード燃費は13.2km/ℓ。また、フロントにはパフォーマンスダンパーを標準装備し、ハンドリング特性をシャープにすることで高い操縦安定性を確保した。

IS200tの価格は4,544,000円から5,092,000円。

またIS300h(AWD)には、前後輪に動力を配分するトランスファーにトルセン®LSDを採用。これはトランスミッションからの駆動トルクを適切に配分し、高い走破性と優れた操縦安定性を実現するもの。さらにカウンターギヤ歯車の加工精度を向上させるなど、高い静粛性を確保した。

そのほか一部改良として、IS350には、IS200tと同様にフロントにパフォーマンスダンパーを標準装備。外板色には、“Fスポーツ”専用色ヒートブルー・コントラストレイヤリング、ソニッククォーツ、マダーレッドを新たに加えた全10色を設定した。

 
最新国内ニュース