中国市場限定のBMW 1シリーズ・サルーン

公開 : 2015.11.21 22:50  更新 : 2017.06.01 01:41

BMWは広州モーターショーで中国市場限定となる1シリーズ・サルーン・モデル、コンセプト・セダンを公開した。このスマートは4ドア・モデルは、20インチ・ホイール、大きなエア・インテイク、LEDヘッドランプを特徴とするモデルだ。

インテリアは、8.8インチのフリー・スタンディングのインフォテインメント・ディスプレイが装備され、トリムはウッドとヘアライン入りのアルミニウムで形作られる。

BMWはそのインテリア・スペースのスペックについては発表していないが、このクラスとしてはかなり開放的なスペースを確保しているとコメントしている。

そのエンジンについてもアナウンスはないが、現行1シリーズのいずれかのガソリン・エンジンが流用されることになろう。

この1シリーズ・サルーンは、今年の初めにニュルブルクリングでテストされている風景が目撃されている。BMWはまだその販売計画を明らかにしてはいないが、AUTOCARは中国市場専用と踏んでいる。というのも、ヨーロッパではコンパクト・サルーンの需要が年々小さくなっているからだ。


▶ 海外ニュース / FWDとなる次期BMW 1シリーズ・サルーンを初スクープ

 

人気記事