シボレー・キャプティバ新型モデルにApple CarPlayを標準搭載

2015.12.21

GMジャパンは、Apple CarPlayを標準搭載し、安全装備も充実した新型ミッドサイズSUVシボレー・キャプティバを発表し、2016年1月9日から全国の正規ディーラー・ネットワークにて販売を開始する。

シボレー・キャプティバは、GMが世界各地に持つ開発拠点の共同作業によって生まれたグローバル・モデル。7人乗り、右ハンドル、アクティブ・オンデマンドAWD、効率の良い2.4ℓECOTECエンジン、さらに、日本に適したサイズのミドル・サイズSUVである。

今回の新型モデルから、新たに様々なメディアに対応しているインフォテイメント・システム ‘シボレーMyLink’ が標準装備され、さらに日本市場において自動車ブランドとして、いち早く“Apple CarPlay”を標準搭載し、Siri音声コマンドも可能。

シボレーMyLinkは、iPhone対応アプリで行っていることを車内の画面に直接表示、Siri音声コマンドによる安全な操作が可能となり、ハンズフリーで視線をずらすことなく、運転に集中したまま、電話、ミュージック、メッセージ等のiPhone機能とオーディオブック、Podcastといったその他のiPhoneアプリケーションの操作をこなすことが可能となる。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース