ルノー・ルーテシア・インテンス/ゼンをマイナーチェンジ

2016.02.25

ルノー・ジャポンは、ルノー・ルーテシア・インテンス/ゼンをマイナーチェンジし発売した。

今回の変更では、エンジン特性とトランスミッションの改良、ストップ&スタート機能(アイドリングストップ)の搭載、新シート・デザインの採用により、運転しやすく、インテリア・デザインが際立つモデルに仕上げている。

新型になったインテンス/ゼン(1.2ℓ)は、エンジンについてはトルクを向上させ、トランスミッションのギア比を変更。街中からロングドライブまで、運転しやすい特性とした。また、ストップ&スタート機能も新たに搭載し燃費性能が向上している。

シートは、両サイドにインテリア・カラーに対応したカラーラインが入るデザインとし、 ダッシュボード、ドア・インナーパネルのカラーと調和した、一体感のあるインテリア・デザインとなった(インテンスのみ)。

ステアリングホイールは、GTと同形状の、スポーティなタイプへと変更している(インテンス)。

また、オーディオ等を操作するセンター・コンソールパネルに、ドライビングEco2機能等を追加。この機能は、走行レポート、Ecoスコアリング、Ecoコーチングの3機能により、環境にやさしい運転をサポートするものだという。

価格はインテンスが2,399,000円。ゼン(1.2ℓ)が2,199,000円。

また、パリのモードを象徴するクチュールの縫製をイメージしたデカール、シートヒーター付専用レザーシートと専用デザインのエアコン・ベゼル、ドアトリム・フィニッシャーなどの特別装備を施したルーテシア・アイコニック(写真下)を30台限定で発売した。

アイコニックの価格は2,440,000円。

関連テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事