ホンダ・ヴェゼルを一部変更し、新たにヴェゼルRSを追加

2016.02.25

ホンダは、ヴェゼルに安全運転支援システム、ホンダ・センシングを設定し、新タイプのRSを追加し発売した。

今回の変更では、ホンダ・センシング標準装備グレードを設定し、すべてのグレードで選択可能としてほか、走る楽しさを追求したRSを設定している。

RS(写真上)は、パフォーマンスダンパー、可変ステアリング・ギアレシオを採用、G・デザイン・シフトを専用設定(ガソリン車のみ)、専用フロントグリル、専用18インチアルミホイール、クリスタルブラック塗装を施したボディーロアガーニッシュ・ドアミラーを採用。インテリアには、専用スウェード調表皮ウルトラスエードを使用した。

ハイブリッドZには、パフォーマンスダンパー、運転席8ウェイパワーシート+助手席4ウェイパワーシート、本革シートにアイボリーのソフトパッドを採用したほか、4WDモデルを設定した。

また、装備面では、ドアの施錠・解錠に連動してドアミラーが自動開閉するオート・リトラミラーを全タイプに標準装備、ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器を標準装備、左右独立温度コントロール式エアコンの採用をHYBRID全グレードに適用するなどしている。

価格は1,920,000円から2,886,000円。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事