ランドローバー・ディスカバリー・スポーツにパフォーマンス・モデルか

公開 : 2016.03.23 22:30  更新 : 2017.06.01 01:34

スカンディナヴィアにて、この数週間のあいだにキャッチした写真を観察するに、ディスカバリー・スポーツのプロトタイプには新しいデザインのフロント・マスクが採用される可能性が少なからずある。

AUTOCARのスパイ・フォトグラファーによると2.0ℓのガソリン・エンジンを載せているという。追加されたエア・インテークのことを考えると、ガソリン・エンジンを載せたパフォーマンス・モデルの可能性もある。

302psのインジニウム・ガソリン

英国内において、ディスカバリー・スポーツとガソリン・エンジンの組み合わせへの需要はさほど多くはないが、アメリカやオーストラリアにおける需要は多い。

フォードから供給を受ける241psのユニットで9速オートマティックを組みわせることで0-97km/hタイムは7.8秒と比較的好結果を既に実現している。

ローンチは18ヶ月後ではないかと予想されるプロトタイプから判断すると、パフォーマンス・タイプは302ps程度になるのではないかと考えられる。

ただ、当のランドローバーは、英国内にガソリン・エンジンを搭載するディスカバリー・スポーツを導入する予定はないとしている。XEの方に優先するようだ。

パフォーマンス・モデルはあくまでニッチ

ランドローバーのラインナップにパフォーマンス・グレードを追加すること自体、あまり相応しくないような気もするが、決して無視できないモデルであるのは事実。

リア・エンドはよりドラマティックになることが予想され、具体的にはリア・バンパー、テールゲート・スポイラーなどが改変されるのではないだろうか。

また、少なくとも20インチの大径ホイールと、大型のブレーキが採用される可能性が高い。当然4WDとなり、ギアボックスは9速ATを組み合わせるだろう。

価格は£44,000(702万円)を超えることが予想される。

関連テーマ

人気テーマ