時計ブランドのベル&ロスが新コンセプトを公開

公開 : 2016.03.23 22:20  更新 : 2017.06.01 01:34

フランスの時計メーカーであるベル&ロスは、エアロGTコンセプトを公開した。1950年代のグランド・ツアラーからインスピレーションを受けたモデルだ。

ベル&ロスのクリエイティブ・ディレクターであるブルーノ・ベラミッシュは伝統的なライバルに比べると、‘独自の路線’ だと表現している。

4.2ℓV8ツイン・ターボを載せ、8速オートマティックを組みあわせる。最高出力は602ps。0-100km/hは3秒を切り、最高速は322km/h程度だ。

着座位置は極めて低く、シャープな外観の全長は4.7m。剃刀のようなミラーとジェット機のコックピットさながらのガラス・カバーが特徴的だ。

ホイールもジェット機のタービン風のデザインであり、エグゾースト・パイプも太い。リアのフィンも飛行機のバーティカル・スタビライザーを模している。

2014年にB-ロケット・バイクを公開して以来、ベル&ロスは似通ったデザインのコンセプトを継続的に発表する機会を設けてきた。以下は公式動画である。