メルセデス・ベンツEクラスのロング・ホイールベースが北京で登場

公開 : 2016.04.25 22:43  更新 : 2017.06.01 01:32

北京モーターショーにてメルセデス・ベンツEクラスのロング・ホイールベース・モデルが登場した。

ベースとするのは標準のEクラスであり、販売は中国のマーケットのみ。ホイールベース長は140mm伸びており、インテリアも中国向けに変更を受けている。

ホイールベースが伸びたことで全長は5063mmに達する。Sクラスのロング・ホイールベース・モデルに比べると、あと183mmのところまできている。

ちなみにスタンダードなSクラスの全長が5116mmであることから、その差は僅かだと言っていいだろう。ホイールベースの延長で足元は134mm拡大された。

モデル展開はE200LとE320Lという名前になるとスポークスマンは明かしており、前者は4気筒1991ccガソリン・エンジンを、後者は3.5ℓV6を組みあわせる。後者の駆動方式は4WDになるとのことだ。

▶ 2016 北京モーターショー

関連テーマ