キア・ニーロ

公開 : 2016.06.02 23:50  更新 : 2021.03.05 21:36

今年の終わりにキア・ニーロが販売開始されれば、コンパクト・クロスオーバーのなかでもっとも経済的なクルマが加わることになる。

■どんなクルマ?

キア・ニーロを一目見れば、コンベンショナルなクロスオーバーだということを簡単に理解できるはずだが、いざ内部を見つめると、新規のプラットフォームと極めてエコ・フレンドリーなハイブリッド・システムに好奇心をそそられるのではないだろうか。

このパワートレイン、CO2排出を100g/km以下にすることを実現している。1.6ℓのアトキンソン・サイクル・ガソリン・エンジンと、電力のアシストの賜物だ。

合計の出力は141ps。動力は6速のデュアル・クラッチ・オートマティック・ギアボックス(標準装備だ)を利用して車輪に伝えられる。CVTは選ばなかった。リチウム・イオン・バッテリーはリア・シートの下に格納されている。つまり荷室は影響を受けていていない。

キアのモデル・レンジでいうと、サイズは大きい方から順にスポルテージ(SUV)→ニーロ(本ページのテスト者)→シード(ハッチバック)となる。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記