ランボルギーニ・ウラカン・スーパーレジェッラ、ニュルでテスト

公開 : 2016.07.16 04:40  更新 : 2017.06.01 01:28

ランボルギーニ・ウラカン・スーパーレジェッラは来年の登場を予定しているが、そのテストがニュルブルクリンク・ノルドシェライフェで行われている。このスーパーレジェッラは、ウラカンGT3のような固定式リア・ウイング、大型化されたエア・インテーク、ツイン・エグゾースト・システムなどが装備される。

以前このスーパーレジェッラのプロトタイプをキャッチした時には、ボディにカーボンファイバーのスペシャリスト、ベッカー・カーボンのステッカーが貼られていた。このことからも、ウラカン・スーパーレジェッラには、標準で1422kgのボディ重量を更に減らすためのカーボンファイバー技術が使われるものと思われる。

エンジンは、610ps、57.1kg-mのパワー、トルクを持つ5.2ℓV10がそのまま搭載される予定。現行モデルのパフォーマンスは、0-100km/hが3.2秒、最高速度は325km/hだ。






▶ 海外ニュース / ランボルギーニ・ウラカン・スーパーレジェッラを初キャッチ

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事