アウディA4オールロード・クワトロをフルモデルチェンジ

2016.09.06

アウディ ジャパンは、A4アバントをベースとしたクロスオーバー・モデル、アウディA4オールロード・クワトロをフル・モデルチェンジし発売した。

オールロードは、アバントをベースに、quattro(フルタイム4WDシステム)を組み合わせ、SUVとワゴンの中間となる最低地上高170mmによりオフロードにも対応したモデルだ。

今回発売される2世代目は、2010年登場の初代モデルからデザインとメカニズムを根本から刷新。従来から定評のあった走行性能、安全性、快適性、ユーティリティなどに加えて、燃費効率やインフォテインメント、コネクティビィティといった分野でも、現代的オールラウンダーへと生まれ変わった。

デザイン面では、ベースのアバントに対して最低地上高を30mm拡大。全高が高くなったことに加えて、力強く張り出したホイールアーチ、クローム仕上げの垂直ルーバーを配したシングルフレーム・グリル、ボディとは対照色のサテライト・シルバーで仕上げたアンダーボディ・プロテクション/リア・ディフューザーといったオールロード特有のデザインを与えられた。

搭載する2.0 TFSIエンジンは、従来型より28psアップした252psを発揮する一方で、燃費効率を約9%改善。これには、エンジンの改良に加えて、後述するクワトロ・ドライブシステムの進化、さらに徹底した軽量化戦略が効果をあげた。なお車両重量は従来型に比べて90kgを削減したという。トランスミッションは、デュアルクラッチ式の7速Sトロニックを全モデルに標準採用した。

標準装備されるクワトロ・システムは、100%前輪駆動で走行可能な新開発「ultra(ウルトラ)テクノロジー」をA4シリーズに初めて導入。この四輪駆動システムは、通常はFFで走行し、プロペラシャフトをリア・アクスルから切り離すことで燃費向上を果たしている。アウディは、今後このシステムを他車種にも展開していく予定だ。

安全装備に関しては、標準装備のABS、ESC(エレクトロニック・スタビリゼーション・コントロール)、6つのエアバッグに加えて、先進的なアシスタンスシステムを充実させており、カメラと複数のセンサーを用いた衝突予防システム、アウディ・プレセンスシティのほか、衝突時の乗員保護能力を高めるアウディ・プレセンスベーシック、ドライバーの車線維持操作をサポートするアウディ・アクティブレーンアシストなどを全モデルに標準装備。右折時に反対車線を走る対向車の接近を感知し、ブレーキを自動作動するターン・アシストは、同セグメントではアウディだけの搭載だ。

また、同じく全モデルに標準装備のアダプティブ・クルーズコントロールには、渋滞時にアクセル/ブレーキだけでなくステアリング操作にも必要な介入を行ってドライバーの負担を軽減するトラフィックジャム・アシストの機能が備わっており、将来の本格的な自動運転につながるテクノロジーとして注目されている。

価格は6,580,000円。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA


▶ 海外初試乗 / アウディA4オールロード・クワトロ3.0 TDI
▶ 海外初試乗 / アウディA4オールロード・クワトロ


アウディA4オールロード・クワトロ
価格 6,580,000円
全長x全幅x全高 4750×1840×1490mm
ホイールベース 2820mm
車両重量 1680kg
エンジン 1984cc直4DOHCターボ
最高出力 252ps/5000-6000rpm
最大トルク 37.7kg-m/1600-4500rpm
ギアボックス 7速Sトロニック
駆動方式 クワトロ(フルタイム4WD)
最低地上高 170mm
JC08モード燃費 14.6km/ℓ

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事

        ×