次世代のメルセデス・ベンツAクラスを初スクープ

公開 : 2016.09.25 04:55  更新 : 2017.06.01 00:40

2018年に登場が予定されている次世代のメルセデス・ベンツAクラスは、現行モデルよりもより大きなキャビン・スペースになると予測される。

ニュルブルクリンクでテストされているカモフラージュされた新しいAクラスは、現行モデルに較べて長いフールラインと、より垂直に切り立ったテールゲートを持ち、リアの・パッセンジャー・ヘッドルームとトランク・スペースが拡大されていることが判る。

また、関係者によれば、トップ・スペックのモデルではより豪華なマテリアルが使用され、最新のインフォテインメント・システムが採用されるという。これは、アウディのバーチャル・コクピットに対抗するものになるという。

エンジンは、ターボ付きの4気筒ガソリンとディーゼルで、ハイブリッド・ユニットも採用される可能性があるという。また、トップ・モデルのAMG A45は404ps以上を発揮すると思われる。ちなみに、現行のA45は、2.0ℓ4気筒ターボ・ユニットで、380psを発揮している。次世代のA45には、2017年にデビューする予定のアウディRS3よりもパワフルでなければならないという使命が与えられているのだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事