さいたまイタフラミーティング2016

2016.10.23

text & photo:Kentaro Nakagomi (中込健太郎)

 
埼玉県内のショップや愛好家の集いからスタートした「さいたまイタフラミーティング」が、埼玉スタジアム2002駐車場で10月23日開催された。今年は天候にも恵まれ、今回もまた前回をしのぐ大盛況のうちに終了した。広大なスペースながら比較的まとまったスペースに、所狭しとイタリア車フランス車を中心にした色とりどりのクルマが勢ぞろいする。

オートカー・デジタルの「スペシャルショップ・ナビ」にも登場する店舗をはじめ、多数のショップによるブース出店も充実。また、毎回充実の商品でこれをお目当てにしている来場者も少なくないのでは、という大抽選会も盛り上がる。子供から年配の来場者まで、クルママニアだけでなく楽しめる内容ながら、みな思い思いの時間を過ごせる雰囲気は自由そのもの。これもこのイベントの人気の理由かもしれない。

東北自動車道から近いアクセスの良さもあり、最近では埼玉県内のみならず、関東一円、また東北方面のナンバープレートも多く散見された。今年は翌週がフレンチブルー・ミーティング。フランス車オーナーを中心に「来週は車山で」というような挨拶を交わす参加者の姿も多々見受けられた

  • 開場時間にはすでにイタリア車フランス車の長い列ができていた。

  • 車種もさることながら参加車両が注がれている愛着を見るのも楽しい。

  • カルトのブースではデュアロジック/セレスピードの無料診断を実施。

  • 無料診断はかゆいところに手の届くうれしいサービスだ。

  • オートポワルージュのブースではミニカーの他ホイールの買い得品も。

  • RSウーノではシトロエン用アイシンA/T修理のプロモーションを実施。

  • ジェイエンジンではいくらあってもうれしいウェアなどが並ぶ。

  • リトモくらいの年式のモデルが、今後残るかどうかの正念場である。

  • メインテーマのイタリア車、フランス車以外のコア車も見過ごせない。

  • イベント常連のカングーの縫いぐるみ。見つけるとついほっとする。

  • シトロエン所沢が持ち込んだ中古車。魅力的なテージスとC6。

  • お目当ての人も多い大抽選会。今回も賞品は盛りだくさん。

  • 今回のイタフラ賞、1台はプジョー404。きわめてコンディションは良好。

  • イタフラ賞のもう1台はランチア・デルタ。なかなか様になっている。

  • 今年デビュー30周年のAXと話題のC4カクタス。バネサスのシトロエン達。

  • アルファ・ロメオ155もなかなか見かけなくなってしまった。

  • ルノー・アルピーヌA610ル・マンとプジョー504。各ジャンルの名車だ。

  • 309は修理から上がったばかりという個体。レストアをしたような輝きだ。

  • LHMの最初期のID。ミッションもマニュアルで、愛好家に人気の仕様だ。

  • 周りのクルマと比べるとミニチュアのようだが存在感抜群のA110。

  • 日本未導入のスライドドアの無い3ドアのカングー。実用車という雰囲気だ。

  • 慎ましくも端正なギブリII。今見直されつつある1台だ。

  • やはりアルファ・ロメオといえば赤、と思わせる光景。空との対比が美しい。

  • セイチェントとチンクエチェント。台数こそ多くないが、人気の一台だ。

  • ブレークとセダン、エグザンティアは依然評価の高いフランス車だ。

  • 850㏄のきわめてオリジナル度の高いサンク。最近日本に持ち込まれた一台。

  • フランスでは幸運のシンボルといわれるピンクのブタもやってきた。

  • ムルティプラのカフェ。ベース車のチョイスだけでなくパッケージも秀逸だ。

  • スピダーを囲んで話は尽きない。会場のあちこちで見られた光景。

  • まるでクーペのようなたたずまい。フランスの3ドアハッチには艶がある。

  • 何を隠そう、この207は日本に正式導入されなかったHDi、ディーゼルだ。

  • 食事も充実のさいたまイタフラミーティング。鶏皮うま煮丼も大人気だ。

  • 今年は1台だけだったがアペも出席率のいい車種のひとつだ。

関連テーマ

人気テーマ