トヨタGT86 2.0 プロ

公開 : 2016.12.26 05:50  更新 : 2021.01.28 18:11

わずかなシャシー・セッティングの変更で、すでに最高のFRクーペが、‘最高のなかの最高’ になった。

■どんなクルマ?

2009年、このクルマのコンセプトにあたる ‘FT-86コンセプト’ がデビューした際、自動車コミュニティは狂乱した。そしてこのクルマが正式に販売されたとき、‘ロー・コスト’ ‘ロー・ウエイト’ ‘後輪駆動’ という3つの資質を備えていたことで、エンスージァストの心を掴んだ。

コンセプトカーが極めて高い評価を受けた場合、それを市販車に落とし込む作業は往々にしてむずかしい。消費者から目を離さないことだけでなく、デザイナーのビジョンを曲げない平常心も必要なのである。

そんな難多きオペレーションを率いたのは平川良夫氏。GT86とBRZの開発、テスト、生産の責任を負う彼は、このクルマができあがったときに「コンセプトのピュリティは、損なわれなかった」と確信したそうだ。

2.0ℓフラット4エンジン、軽いシャシー、フェラーリ458イタリアよりも低い重心高。これらの要素は、クルマ好きの心をわしづかみにしそうだったし、実際のところ、多くのクルマ好きの心をわしづかみにした。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×