フォード・マスタング、フェイスリフト。10速ATを装備

公開 : 2017.01.18 04:30  更新 : 2017.06.01 00:31

フォードマスタングにフェイスリフトが施された。2018年モデルと呼ばれるもので、10速オートマティック・ギアボックスが新たに採用されたのが大きなトピックだ。

新しい10速オートマティックは、5.0ℓV8と2.3ℓエコブースト・エンジンの両方に組み合わせられる。これまでのオートマティック・ギアボックスよりもシフト・スピードが大幅に改善されているのが特徴。また、パドル・シフトを備え、ドライビング・モードも3通りに設定が可能だ。

シャシーは、乗り心地のクオリティ向上のためショック・アブソーバーがアップグレードされ、スタビライザーとクロス・アクシス・ジョイントにも変更を受けた。これらによってハンドリングが向上しているとフォードではコメントしている。また、買い手はマスタング・パフォーマンス・パッケージを選択することも可能。これは、マグネライド・アダプティブ・ダンパーが装備されるというもの。更に、アクティブ・バルブ・エグゾースト・オプションを選択すれば、エグゾースト・ノートが向上する。

安全装置としては衝突防止装置と歩行者発見が追加された。コンピューター・システムには、ステアリングやサスペンションのドライビング・セッティングをメモリーできる機能も追加された。

エクステリアでは、フロントとリアのスタイリングが見直された。主に空力面を向上させるのがその狙い。ヘッドランプはすべてのモデルでLEDとなる。また、ボディ・カラーも3色追加され、デジタル・ダッシュボードも新たに採用されている。このダッシュボードは、今月始めにフォードGTに採用されたものに近い。クルマのロック、アンロックの他、クルマの位置を探し出したり、エンジンをスタートすることがスマートフォンでできるフォードパスも新たに追加されている。

価格は、エントリー・モデルで恐らく£32,000(450万円)からとなろう。





▶ 海外ニュース / 2018年モデルのフォード・マスタングに10速AT
▶ 海外初試乗 / フォード・マスタング5.0 V8 GTコンバーチブル
▶ 海外初試乗 / フォード・マスタング2.3エコブースト・コンバーチブル
▶ 海外初試乗 / フォード・マスタング5.0 V8 GT

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×