ミニバンからSUVになったプジョー5008 ただしFF 飛ばすべからず

公開 : 2017.02.21 12:36  更新 : 2017.05.29 19:00

ミニバンからSUVになったプジョーの5008。ルックスに反して駆動方式はFFだが、走りはなかなかよい。ただ、許せないところも何点かある。

■どんなクルマ?

7シーターのミニバンとして登場したプジョー5008が、フル・モデル・チェンジでSUVへと生まれ変わった。

先行して全面刷新した弟分の3008と同様の方向転換で、5人乗りのそれに対してこちらは7人乗りとなるのもミニバン時代同様だ。

見るからにSUVでありながら、FFのみで発売される奇妙なメカニズム設定もまた、弟分と共通する。

とはいえ、‘SUV’ の3文字が5008の正しいカテゴリーを表しているか、もしくはプジョーがなぜ再編に踏み切ったか、それはたいしたことではない。

問題は、これがグッドな7シーターなのかどうかである。

初試乗を終えて、それを否定する材料は見当たらなかった。とはいえ、ベリー・グッドとは言えなかったのも事実。もっとも、これは予想できた結果ではあるが。

英国では6月に発売予定の5008。エンジン・ラインナップは3008同様、ガソリンは130ps/165ps、ディーゼルは100ps/120ps/150ps/180ps。ほとんどの機種で、6速のMTかトルコンATが選べるだろう。

装備や機能の充実が図られるぶん、先代より価格はそれなりに上がる見込みだが、そこは経済性とエミッション性能の向上が多少なりとも補填してくれることを期待したい。

それにしても4WDの不在は、一般的なSUVを望むユーザーにとってはガッカリなポイントだろう。その穴埋めには、マルチモード式トラクション・コントロールを意味する ‘アドバンスト・グリップ・コントロール’ や、ヒル・ディセント・コントロール、オン/オフ両用タイヤのコンチネンタル・コンチクロス・コンタクトなどが用意されている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×