三菱アウトランダー2.2 DiD GX4 4WD

公開 : 2012.12.25 17:00  更新 : 2017.05.29 19:26

■どんなクルマ?

三菱アウトランダーの第3世代モデルだ。このクラスのグループ・テストをAUTOCARでは行う予定だが、この30,000ポンド(410万円)クラスのライバルは、2013年モデルのトヨタRAV4フォード・クーガ、昨年のホンダCR-V、ヒュンダイ・サンタフェなどになる。

そのグループ・テストの前に、アウトランダーのステアリングを握る機会に恵まれたのだ。しかも、右ハンドルの英国仕様である。

■どんな感じ?

このクルマにはエルゴノミクスの失敗というものが全くない。特定のヨーロッパのライバル達が、ハンドブレーキをずらしたり、グローブボックスを削ったりということしているが、アウトランダーにはそれがみられない。そのことには大きな拍手をおくりたい。

大いに改良されており、快適で自然なキャビンだが、高級志向のヨーロッパ人が求めるよりは質素ではある。しかし、われわれは、必要にして充分な装備という、この三菱のチョイスに賛成だ。しかも、そのスイッチやレバーはソリッドでわかりやすい。

三菱には英国向けのセットアップというものは存在しない。すべてヨーロッパ向けというひとことですまされている。このヨーロッパ仕様の足は、ロール耐性に優れているが、その乗り心地を犠牲にしないものだ。前のモデルもそうであったが、その快適性においてはクラスでもトップ・レベルのものがある。

新しい2つのサブフレームを持つフロントと、リアがマルチ・リンクというサスペンション・レイアウトは、そのすべてが落ち着いてリラックスできるキャビンのためにあるようだ。

そのパフォーマンスは、フォード・クーガやBMW X3に及ばないが、その動きは正確だ。特に早くはないが、いやになるようなものは何一つない。

■「買い」か?

三菱は、実に適切な仕事をしたといえる。極端にアピールすることはないが、堅実なモデルということができる。そのことを高く評価する人がいることは間違いない。

(マット・ソーンダース)

三菱アウトランダー2.2 DiD GX4 4WD

価格 30,000ポンド(410万円)
最高速度 200km/h
0-100km/h加速 9.7秒
燃費 17.8km/l
CO2排出量 146g/km
乾燥重量 1590kg
エンジン 直列4気筒2268ccターボ・ディーゼル
最高出力 148bhp/3500rpm
最大トルク 38.7kg-m/1750rpm-2500rpm
ギアボックス 6速マニュアル

関連テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

三菱の人気画像