ノーブル、ビーチバギー「Bug:R」発表 ベース車両はフォード・モンデオ

公開 : 2017.05.08 23:47  更新 : 2017.06.01 00:20

ノーブルが、ビーチバギー「Bug:R」を発表しました。ルーフなし、ミドシップ・エンジンのバギーで、プラットフォームはフォード・モンデオの流用なんです!

ノーブルのビーチバギー どんなクルマ?

ノーブル・オートモーティブが、ノーブルBug:Rを発表した。

このルーフレスのビーチバギーは、完成車が£18,000(261万円)、自分で組み立てるキットカー形式が£10,000(145万円)という価格で発売される。

ベースとなるプラットフォームは、Mk3のフォード・モンデオで、ノーブルはそれを採用した理由について、パーツの安さ、信頼性、有り余るほど手に入る、という3つの理由を挙げている。

ミドシップ・レイアウト採用

パワートレインは、ミドシップ後輪駆動のレイアウトで、ほとんど全ての4気筒ガソリン・エンジンを搭載できるという。実はV6ユニットも検討しているが、需要が少ないとノーブルは考えているようだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事