2017年版ボルボXC60「T8」に試乗 「2019年に全車電力利用」への道遠し

公開 : 2017.07.24 13:47  更新 : 2017.07.24 13:47

最も高価なXC60は、最も速く最もクリーンなXC60だとボルボは言いますが、数字は事実を物語ります。

■どんなクルマ?

XC60 T8の導入 完璧なタイミング

ボルボの鮮烈なまでの実績と、将来的に全ラインナップを電力化するという過度なまでの発表を考えると、XC60 T8導入は完璧なタイミングだと言える。

ガソリン・ハイブリッドを積んだ最上級グレードというのは、このブランドの今後の方向性を示すからだ。

ツインエンジンと銘打たれた、ボルボのハイブリッド・テクノロジーに目新しいところはない。フロントには前輪を駆動する318psのガソリンエンジン、リアには後輪駆動用に87psの電気モーターが搭載される。

フロントの2.0ℓ直4はターボとスーパーチャージャーで過給し、リアのモーターは10.4kWhのバッテリーパックを電源とする。

XC60には新規採用のメカニズムだが、同じ「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」を用いたモデルではおなじみで、デビューはXC90への搭載だった。

システム出力や機能面に変更はないが、XC60はXC90より200kgほど軽いため、加速性能はさらに高まる。

CO2排出量は49g/kmで、燃費は47.6km/ℓを謳うが、これはXC90と変わらない。通常では考え難いが、ボルボとしては近年の欧州サイクルによる無意味な数字を追及することに、こだわる価値はないということらしい。

おそらく、それより信頼度の高い数字は、45kmというメーカー発表のEV走行航続距離と、200V電源で3時間半という充電時間ではないだろうか。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記