燃費32km/ℓ スイフト・フルハイブリッド試乗 第4のパワートレインを評価

公開 : 2017.07.27 20:40

スズキ・スイフト第4のモデル、フルハイブリッド車に試乗。ガソリン車、ガソリンターボ車、マイルドハイブリッドと比べて、どのような結果に?

■どんなクルマ?

スイフト新型車、フルハイブリッド仕様

スズキ・スイフトにとっては第4のパワートレインとなるフルハイブリッド(ここでは、従来型を “マイルドハイブリッド” と呼ぶことにする)。その動力システムのハードウェアは、ここでも以前紹介したソリオのそれとまったく共通である。

同じハイブリッドシステムを積むソリオとの唯一といっていい差異は、スイフトの商品特性に合わせて、変速スピードを速めている点。さらに今回の試乗車でもある上級 “ハイブリッドSL” には、ソリオ・ハイブリッドにはないパドルシフトも追加される。

スイフトはもともと、欧州仕様に準じるサスチューンの “RS” と、日本に最適化した快適指向サスペンションの “標準系” の2本柱に大別される。フルハイブリッドが搭載されるのは標準系のみで、“ハイブリッドSG” と “ハイブリッドSL” の2グレード構成だ。


売れ筋の1.2ℓとマイルドハイブリッドはRSと標準系の両方に搭載されるが、さらにRS専用で1.0ℓターボが用意されている。今回のフルハイブリッドは標準系専用なので、これでRSと標準系それぞれに専用のトップモデルがならぶことになったわけだ。

試乗車でもある上級のハイブリッドSLは194万9400円で、1.0ℓターボの “RSt” を抜いて、スイフト最高価格モデルとなる。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記