ロータス、日本市場で何を見据える? トップ語る、今後の「展望」

公開 : 2017.10.15 12:10  更新 : 2018.04.26 14:28

ロータスの新型モデルの発表に合わせてロータス社で中東・アジア・セールス責任者を務めるライアン・ワトソン氏が来日しました。そこでこれからのロータス社が目指す方向が語られました。

text & photo:Kazuhide Ueno(上野和秀)

ロータス 今後の展望語る

先ごろ行われた「LOTUS NEW RANGE プレス発表会」の場において、ロータス社で中東・アジアのセールス責任者を務めるライアン・ワトソン氏が来日し、これからの展望が語られた。

あわせて日本総代理店のLCI代表取締役社長の高橋一穂氏から日本での戦略が説明された。ロータス・ファンならずとも気になるロータスの展望をご紹介しよう。

ライアン・ワトソン/ロータス中東・アジア・セールス責任者

本日は皆さまの前でお話しできることを嬉しく思います。ロータス社創始者のコリン・チャップマン曰く、「パワーを上げればストレートでは速い、しかし軽くすればどこでも速くなる」という言葉があります。

またコリン・チャップマンの有名な言葉として「グリーンフラッグが振り降ろされる時にグリッドにいなければレースにならない」とあります。

ロータスの基本フィロソフィーとしてピュア・ドライビングがあります。ヴィークル・ダイナミクスに加え軽量化、優れたエアロダイナミクス、そして美しいスタイリングはロータスのDNAです。

本日は新しいロータスのモデルレンジについて紹介させていただきます。わたしどもは日本で販売を行うLCIの方々から助言を得て、特別なマーケットの要求に応えたモデルを作ってきました。

ここで先月にジーリーとエチカが新しいロータスの上位株主になりましたことをお知らせいたします。新たなパートナーと共に未来に進むことを楽しみにしています。これにより世界中でロータスというブランドを、より競争力のあるものにしてゆきます。

ロータス・グループCEOのジャン・マーク・ゲイルズによれば、「ジーリーが投資したのは過去のロータスではなく、未来のロータスです。これによってロータスの車両開発を進め、より強固な基礎を築いてゆけます」と語ったそうです。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事