BMW M5新型、4.4ℓV8ターボや4WDを検証 AMG E63との違いも

公開 : 2017.12.28 11:40  更新 : 2017.12.28 11:59

新型BMW M5の試乗記です。新型のハイライトは4WDの初採用でしょうか。ライバルであるAMG E63との対比もご覧ください。

もくじ

M5新型 Xを除く初の4WDに
内外装 控えめながら主張あり
4.4ℓV8ターボ/4WDを検証
AMG E63との相違点は?
ベストは全てをカットした時に

M5新型 Xを除く初の4WDに

ボンネットの下に搭載される小さな黒い箱、BMW Mディビジョンのエンジニアリング部門の副主任のダーク・ハッカーこれを「躍進」と表現し、セントラル・インテリジェンス・ユニットと呼ばれるこの箱は、新型M5のハードウェアのサブシステムを統合して1カ所で管理する。

わたしが考えるに、これは、ドライバーの全ての入力を認知して、クルマからの全てのフィードバックを返すという、フェラーリ812スーパーファストで採用されたものに似ているのではないか。ハッカーによると、「縦と横方向のダイナミクスを管理する全てのサブシステムを統合します」。車両のサーキットにおいて、全てを統括する。

そして、新型M5には多くの制御すべきハードウェアが存在する。注目されるのは600psの出力と、それを駆動するM5史上初の4輪駆動システムである。

わたしも同意するが、Xモデルをカウントしないとすれば、M史上初となる4輪駆動の採用である。3つのモードを備えるこのシステムは、後輪駆動モデルが採用するアクティブMディファレンシャルをリアに備える。しかし、それ以上にハードウェア、ソフトウェア上のアップデートが、このクルマには施されている。

内外装を見ていこう。

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

試乗記の人気画像