ルイス・ハミルトンの強さ、ライバルが語る(2) ダニー・ワッツ 2002年フォーミュラ・ルノーUKチャンピオン

公開 : 2018.01.28 15:40

ルイス・ハミルトンの強さをダニー・ワッツが語ります。「極めてフェアな男」だと表現。カート時代からプロまで、多く語られていないストーリーは必見です。

text:Jim Holder(ジム・ホルダー)

もくじ

ふたりのルーキーを目の当たりに
趣味からプロのレーサーに変わる瞬間
ルイスとの出会い、別れ、その後

ふたりのルーキーを目の当たりに

ジュニア・フォーミュラ・ルノー・チャンピオンシップの初シーズンが終わると、2年目のシーズン参戦に向けて、予算集めに腐心したダニー・ワッツ。実は、彼のチームメイトで、ザウバーに所属していたキミ・ライコネンがF1を引退したことが原因だった。すでに過去のことだが。

彼の才能は2年目のシーズンを戦うのに十分なものだったし、3年目となる2002年にも、トップチームでフォーミュラ・ルノーUKへ参戦している。

そこで彼は、高い評価を得ていた、ふたりのルーキーと出会う。ひとりは、同じフォーテック・モータースポーツのチームメイトだったジェイミー・グリーン。もうひとりは、エース・マナー・モータースポーツにいた、若かりしルイス・ハミルトンだった。

「20歳を過ぎたわたしには、残されたチャンスはわずか、というところでしたが、ふたりはまだ輝かしい若者でした。1年か2年でステップアップしていく必要があるのですが、わたしには財源も十分な戦績もありませんでした。トップチームと交渉して契約を結ぶか、レース引退を受け入れるか、自ら決めるしかなかったのです」

彼は、自身がどうやってレーサーとしてグリッドに立つことになったのか、笑いながら振り返る。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事