SUVのご先祖さま29台 今なお現役も 後編

公開 : 2018.01.28 16:40  更新 : 2019.05.04 13:03

オフローダーとバンを掛け合わせた背の高いピープルムーバーとして、セダンやワゴンに取って代わるほど勢力を広げたのはこの10年ほど。最近ではクーペ風モデルなど裾野が広がり、高級車メーカーの参入も続いています。

AUTOCAR JAPAN上以外の外部メディアでこの記事をご覧の方は、記事下に設けられたリンク「この記事をスライドショー形式でみる」から、画像と文が一致した形式でお楽しみいただけます。

モンテヴェルディ・サファリ(1976年)


おそらくはレンジローバーの成功を目の当たりにしてのことだろう。スイスのコーチビルダーであるモンテヴェルディは、高級サルーン並みの内装を備えたSUVの需要を予期した。そうして生み出したサファリは、時代に合わせた専用デザインのエクステリアと、広く装備の充実したインテリアを与えられた。しかし、メカニズムはインターナショナル・ハーヴェスター・スカウトからの流用で、高級な仕立ては目に触れるレベルに留まった。とはいえ、これはモンテヴェルディ史上最も成功したモデルとなった。もっとも、正確な生産台数は不明なのだが。