シトロエン・ベルランゴ新型 ロングホイールベース登場 プラットフォーム変更

公開 : 2018.02.15 18:40

シトロエン・ベルランゴが新型になりました。世界で2番めに売れているシトロエン。初めてロングホイールベース車が登場。

世界で2番めに売れているシトロエン

シトロエン・ベルランゴの2018年モデルが公開された。

商用バンをベースにしたMPVであるベルランゴは、今回初めてロングホイールベース仕様が登場。

それ以外にも、フロントエンドのプラットフォームを見直し、フロントフェイスをシトロエンのSUVらしい顔立ちに変更した。

ベルランゴは、27カ国でシトロエンのトップセラーモデルとして君臨する。さらに世界規模では、C3に次いで2番めに売れているシトロエン車だ。

シトロエン・ベルランゴ新型 ロングホイールベース登場

2018年モデルは、M、XLをラインナップ。いずれも7人乗りで、座席は取外しが可能。

・M
全長:4400mm
ホイールベース:2780mm

・XL
全長:4750mm
ホイールベース:2970mm

新型の大きな変更点は、フロント・セクションのプラットフォームを変更したことだ。